いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展「ちひろの歳時記」「ちひろの生まれた家」記念館

いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展「ちひろの歳時記」「ちひろの生まれた家」記念館

名称:いわさきちひろ 生誕地・武生 ピエゾグラフ展「ちひろの歳時記」「ちひろの生まれた家」記念館
会期:2022年12月9日(金)〜2023年3月6日(月)
開館時間:午前10時~午後4時
料金:(入館料)一般300円 ※高校生以下無料
休館日:毎週火曜日、年末年始
会場:「ちひろの生まれた家」記念館
住所:〒915-0068 福井県越前市天王町4-14
TEL:0778-66-7112
URL:「ちひろの生まれた家」記念館

日本には、めぐる季節とともにさまざまな年中行事や風習があります。ちひろが育った時代には、お正月に始まる伝統的な行事が普段の暮らしのなかでも大切にされていました。また、都会の恵まれた環境でモダンな生活を送っていた岩崎家では、クリスマスも家族の思い出のつまった年中行事でした。ちひろが家庭を持ち、息子が幼いころに、お正月や端午の節句、七夕やクリスマスなど季節の行事をいっしょに楽しんだのも、自身の子どものときの豊かな体験があったからなのでしょう。
本展では、カレンダーや月刊誌などにちひろが描いた、日本の伝統的な行事や四季折々の遊びの情景をピエゾグラフでご紹介します。お正月の凧あげや羽根つき、桃の節句のおひなさま、華やかな和服姿の少女たち…、季節の行事を楽しむ子どもたちの姿をお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る