「泉屋ビエンナーレ2023 Re-sonation 響きあう聲Ⅱ」泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

「泉屋ビエンナーレ2023 Re-sonation 響きあう聲Ⅱ」泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

名称:「泉屋ビエンナーレ2023 Re-sonation 響きあう聲Ⅱ」泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
会期:2023年9月9日(土)~ 10月15日(日)
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)
   9月19日、10月10日
開館時間:午前10時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
主催:公益財団法人泉屋博古館
入館料:一般800円 高大生600円、中学生以下無料
   本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
   20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
住所:〒606-8431京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
TEL:075-771-6411
URL:泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

2021年に好評を博した「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation 響きあう聲」の第二弾。現代鋳金芸術の最先端で活躍する作家11名が、泉屋博古館所蔵の中国古代青銅器にインスピレーションを得て表現する新作を一挙公開。併せて作家の世界観を表す従来作品も展観、古代青銅器の不可思議な魅力と現代作家のイマジネーションのはざまに魅了される特別な体験をぜひ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る