「ローザンヌ国際バレエコンクールの50年」Bunkamuraザ・ミュージアム

Phoebe Kilminster ©Rodrigo Buas

名称:「ローザンヌ国際バレエコンクールの50年」Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2023年2月3日(金)~2月15日(水)   
開館時間:10:00~19:00  ※2/3(金)は18:00 close
会場:Bunkamura Gallery
主催:Bunkamura、ローザンヌ歴史博物館 (MHL)
住所:〒150-8507東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111
URL:Bunkamuraザ・ミュージアム

Soana Madsen ©Rodrigo Buas
Soana Madsen ©Rodrigo Buas

一流ダンサーの登竜門、世界最高峰の国際バレエコンクール50年の軌跡
才能豊かなバレエダンサーがプロの道へ踏み出すためのサポートを目的とするローザンヌ国際バレエコンクール(Prix de Lausanne)は、2023年に50周年を迎えます。
若手ダンサーの登竜門である本コンクールは、数多の世界的ダンサーを輩出し、バレエ芸術の育成と発展に大きく貢献してきました。
日本においても多くの若き才能がコンクールに参加し、これまで吉田都、熊川哲也、上野水香、中村祥子ら80名以上のダンサーが受賞、その後、国内外で輝かしい活躍をみせています。
本展は、ローザンヌ国際バレエコンクール50周年を記念し、本拠地ローザンヌ歴史博物館で開催された展覧会を再構成。日本人ダンサーたちの特設コーナーをプラスし、壮大なコンクールの歴史とスターダンサー誕生の瞬間を、貴重な写真、映像、資料で振り返ります。
『オーチャード・バレエ・ガラ』をはじめバレエ芸術の未来を切り開く活動を続けるBunkamuraならではの本展。若手ダンサーたちの情熱と彼らの輝かしい未来への期待が込められた最高峰のバレエコンクールの軌跡を、ぜひご堪能ください。

Shion Miyahara ©Gregory Batardon
Shion Miyahara ©Gregory Batardon
Noah Benzie-Drayton ©Gregory Batardon
Noah Benzie-Drayton ©Gregory Batardon
©Gregory BatardonPrix de Lausanne
©Gregory BatardonPrix de Lausanne
©Gregory Batardon Prix de Lausanne
©Gregory Batardon Prix de Lausanne
Phoebe Kilminster ©Rodrigo Buas
Phoebe Kilminster ©Rodrigo Buas

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る