コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator’s choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館

コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator's choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館

名称:コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator’s choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館
会期:2023年2月11日(土)~3月21日(火 ・祝)
休館日:毎週月曜日
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
主催:米沢市上杉博物館 
料金:一般210(160)円 高大生110(80)円 小中生50(40)円 ※()内は20名以上の団体
住所:〒992-0052山形県米沢市丸の内1-2-1
TEL:0238-26-8001
URL:伝国の杜 米沢市上杉博物館

コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator's choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館
コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator’s choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館

 時代を問わず、女性が描かれた美術作品は数多く存在します。江戸時代から浮世絵を中心に人気を博していた女性像は、明治以降、「美人画」というジャンルとして更に花開き、美人画を得意とした女流画家の登場もあって一般にも定着し、その後さまざまな広がりを見せました。
 この展覧会では、当館の収蔵作品の中から女性像をテーマに構成しますが、「美人画」という伝統的な「型」に沿うものから、「型」を離れて個性や自由な表現を重視し、リアルな姿を切り取るもの、身近な存在を活写するものまで、一言で「女性像」といってもそのあり様は多彩です。広く流布してきたテーマであるからこそ、それらの「 像」が映し出す人間感情や、託された意味、社会意識なども鑑賞の見どころとして紹介します。

「UNTITLED(肖像)」後藤克芳 1970年
「UNTITLED(肖像)」後藤克芳 1970年
「彩子像(赤い帽子)」椿貞雄 1955年頃
「彩子像(赤い帽子)」椿貞雄 1955年頃
「ものおもい」吉池青園 大正期
「ものおもい」吉池青園 大正期
「記念撮影―鮫ケ尾城」峯田敏郎 2014年
「記念撮影―鮫ケ尾城」峯田敏郎 2014年
「正月の図」滑川聖二 1969年   
「正月の図」滑川聖二 1969年   
「池田成章像」石橋和訓 1912年
「池田成章像」石橋和訓 1912年
コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator's choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館
コレクション展「女性像の世界―同時開催 今見せたい!キュレーターズ・チョイス curator’s choice」伝国の杜 米沢市上杉博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る