「土木遺産展-水をはこぶー」大阪府立狭山池博物館

「土木遺産展-水をはこぶー」大阪府立狭山池博物館

名称:「土木遺産展-水をはこぶー」大阪府立狭山池博物館
会期:2023年3月25日〜2023年5月7日
会場:大阪府立狭山池博物館
開館時間:午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日 ※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌日が休館日
入場料:無料
住所:〒589-0007大阪府大阪狭山市池尻中2
TEL:072-367-8891
URL:大阪府立狭山池博物館

「土木遺産展-水をはこぶー」大阪府立狭山池博物館
「土木遺産展-水をはこぶー」大阪府立狭山池博物館

「水をはこぶ」と題した今回の展示では、河川や湖からの水利システムに視点を当てています。農業用水だけでなく治水や上水、人や物が行き交う運河などの役割も果たしてきたそれらのシステムは、建設当時の土木技術の粋を集めたものが多く、史跡、重要文化財や登録文化財になっているもの、土木遺産に選定されたものなど興味深い施設が各地に残されています。今も活用されている用水路や堰などの水辺を歩いてみると四季折々に美しい景観を楽しめるところも多く、生活に潤いと癒しをもたらす環境を生み出しています。
本展を通じて利水・治水にかかわる土木技術の発展や役割についてご理解いただき、さまざまな施設との出会いを楽しみながら先人の知恵に思いを馳せていただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る