「吉村 弘 風景の音 音の風景」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

「吉村 弘 風景の音 音の風景」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

名称:「吉村 弘 風景の音 音の風景」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
会期:2023年4月29日(土・祝)〜2023年9月3日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
時間:9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 ※ただし、7月17日は開館
観覧料:一般 700円
   20歳未満・学生 550円
   65歳 以上 350円
   高校生 100円
   ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です
   ※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:5月7日、6月4日、7月2日、8月6日、9月3日)は、18歳未満の子様連れの家族は、割引料金(65歳以上の方を除く)で観覧できます。なお、同日の会話を楽しむ日「オープン・コミュニケーション・デー」は中止します
住所:〒248-0005神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
電話:0467-22-5000
URL:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

「吉村 弘 風景の音 音の風景」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
「吉村 弘 風景の音 音の風景」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

1970年代初めから環境音楽の先駆けとして活躍した吉村弘(よしむらひろし 1940–2003)。2003年の葉山館開館を機に吉村が作曲したサウンドロゴ『Four Post Cards』は、現在も葉山館で朝夕に館内を流れ、来館者を惹きつけています。
エリック・サティの楽譜に魅せられて音楽の道に進んだ吉村の活動は、音楽ばかりでなく、音を描くドローイングやパフォーマンス、サウンドオブジェ(音具)の創案、執筆と幅広いものでした。なかでも、1982年にリリースされたLP『ナイン・ポストカード』は、環境音楽という言葉を日本で広く世に知らせるきっかけとなりました。
一方で釧路市立博物館(北海道、1983年)や営団地下鉄南北線(東京都、1991年)、横浜国際総合競技場の外周部(神奈川県、1998年)など、公共空間の音響デザインを多く手がけ、また早くから美術館で開催する音をテーマとしたワークショップにも力を注ぎました。
雲のように空に溶け、広がっていく音の風景。吉村が目指した「空気に近い音楽」は今、コロナ禍で不自由な生活を強いられてきた人々の心を癒し、新鮮な驚きとともにあらためて注目されています。
没後20年を記念する本展では、初期のコンクリートポエトリー、楽譜、写真、映像作品、サウンドオブジェ、モビールなどのほか、小杉武久(こすぎ・たけひさ/1938–2018)や鈴木昭男(すずき・あきお/1941– )とともに行ったパフォーマンスやサウンドインスタレーション、公共施設のための音楽など、吉村の多面的な活動を資料群によって紹介します。

吉村弘「HOT BREATH 地下鉄にひそむ魚たちの熱い吐息 実験室とメディアの箱」でのサウンド・パフォーマンス
(1977年9月10日) 個人蔵 撮影:安齊重男 ©Shigeo Anzaī
吉村弘「HOT BREATH 地下鉄にひそむ魚たちの熱い吐息 実験室とメディアの箱」でのサウンド・パフォーマンス (1977年9月10日) 個人蔵 撮影:安齊重男 ©Shigeo Anzaī
吉村弘 楽譜『Clouds for Alma アルマの雲』1978年 インク、写真、紙 個人蔵 撮影:久保良
吉村弘 楽譜『Clouds for Alma アルマの雲』1978年 インク、写真、紙 個人蔵 撮影:久保良
吉村弘『おやすみのまえに』楽譜表紙 1966年 鉛筆、紙 個人蔵 撮影:久保良
吉村弘『おやすみのまえに』楽譜表紙 1966年 鉛筆、紙 個人蔵 撮影:久保良
吉村弘《SOUND PLANET》1990年 銅、真鍮、鉄、ステンレスワイヤー、アルミ 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:上野則宏
吉村弘《SOUND PLANET》1990年 銅、真鍮、鉄、ステンレスワイヤー、アルミ 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:上野則宏
吉村弘《トイピアノ》1973年頃 外箱、トイピアノ、ロール楽譜 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:上野則宏
吉村弘《トイピアノ》1973年頃 外箱、トイピアノ、ロール楽譜 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:上野則宏
吉村弘《[絵楽譜] FLORA》1987年 印刷、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《[絵楽譜] FLORA》1987年 印刷、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《SOUND LETTER(1)》1988年 ビーズ、印刷、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《SOUND LETTER(1)》1988年 ビーズ、印刷、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《LETTER GARDEN(2)》1987年 植物、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《LETTER GARDEN(2)》1987年 植物、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《サウンド・スカルプチャー》1984年頃 インク、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
吉村弘《サウンド・スカルプチャー》1984年頃 インク、紙 神奈川県立近代美術館蔵 撮影:久保良
「耳からの風景 吉村弘のパフォーマンス」で使用した缶楽器《F・CAN》(2001年9月8日、ジーベックホールホワイエ)個人蔵
「耳からの風景 吉村弘のパフォーマンス」で使用した缶楽器《F・CAN》(2001年9月8日、ジーベックホールホワイエ)個人蔵
吉村弘撮影「海」1980年代 35mmリバーサルフィルム 神奈川県立近代美術館蔵
吉村弘撮影「海」1980年代 35mmリバーサルフィルム 神奈川県立近代美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る