令和5年度第1回企画展「写真でたどる吉祥寺 ~鈴木育男写真展~」武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

令和5年度第1回企画展「写真でたどる吉祥寺 ~鈴木育男写真展~」武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

名称:令和5年度第1回企画展「写真でたどる吉祥寺 ~鈴木育男写真展~」武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館
会期:2023年5月13日(土)〜7月13日(木)
開館時間:9:30~17:00
料金:無料
休館日:金曜日・祝日
会場:武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館
住所:〒180-0022 東京都武蔵野市境5-15-5
TEL:0422-53-1811
URL:武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

令和5年度第1回企画展「写真でたどる吉祥寺 ~鈴木育男写真展~」武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館
令和5年度第1回企画展「写真でたどる吉祥寺 ~鈴木育男写真展~」武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

大正末期から昭和初期、東京郊外の住宅地として宅地化が進んだ吉祥寺は、第二次世界大戦中には疎開や空襲などにより、一時期、街の姿は変わりましたが、戦後、吉祥寺駅北口にはヤミ市が開設されるなど、急速に賑わいを見せていきました。そんな吉祥寺の街が大きく変貌し、今日の吉祥寺が生まれたのが昭和40年代から60年代にかけての都市計画事業でした。らかんスタジオ2代目経営者鈴木育男氏は、変わりゆく吉祥寺の街の姿を写真に収めました。
本展覧会では、鈴木育男氏の撮影した写真を通じて吉祥寺の移り変わりを紹介します。展覧会を通じて、吉祥寺の街の歴史、生活の移り変わりについて理解を深めていただくとともに、私たちの住んでいる武蔵野への愛着を深める機会となれば幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る