「木村英輝 EXHIBITION ―大人のストリートアート― 」ポーラ ミュージアム アネックス

「木村英輝 EXHIBITION ―大人のストリートアート― 」ポーラ ミュージアム アネックス

名称:「木村英輝 EXHIBITION ―大人のストリートアート― 」ポーラ ミュージアム アネックス
会期:2023年6月16日(金)〜7月30日(日) 
会場:ポーラ ミュージアムアネックス
観覧料金:無料
休館日:会期中無休
住所:〒104-0061東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
TEL:03-5777-8600
URL:ポーラ ミュージアム アネックス

木村英輝は、日本のロック黎明期よりプロデューサーとして活躍し、2002年の還暦より筆をとった異色の経歴を持つ。その作品は、京都・青蓮院門跡 華頂殿の襖絵から関西国際空港、京都市動物園、また商業施設の壁画まで多くが街の中=ストリートに描かれてきた。鯉や牡丹、孔雀など、日本の伝統美術に用いられてきたモチーフが目の醒めるような色彩で表情豊かに躍り、壁天井の隔てなく描かれるダイナミックな構図は、ロックと共に歩んできた半生があるからこそ表現しうるリズムや躍動感に富んでいる。
「アトリエでカンバスに向かうのではなく、『ライブ』な街に絵を描きたい」という木村のこだわりから、今回のような展示施設での発表は稀少な機会といえる。本展では50点を超える新作や、襖絵など過去の大型作品を展示するとともに、女優・樹木希林さんの依頼を受けて制作された板戸「蘇る蓮」を初公開。さらに展覧会初日より5日間、会場では木村英輝による3メートルを超える新作の公開制作を実施予定。ポーラ ミュージアム アネックスに会することで際立つ、何ものにも縛られないロックでプレイフルな木村英輝の世界観が堪能できる展覧会だ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る