「歌川広重 山と海を旅する」太田記念美術館

「歌川広重 山と海を旅する」太田記念美術館

名称:「歌川広重 山と海を旅する」太田記念美術館
会期:2023年8月1日(火)~2023年8月27日(日)
会場:太田記念美術館
時間:10:30~17:30 (最終入場時間 17:00)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 800円
   大高生 600円
   中学生以下 無料
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:太田記念美術館

歌川広重「山海見立相撲 越中立山」
歌川広重「山海見立相撲 越中立山」

風景画の第一人者、歌川広重(1797~1858)。広重が江戸の名所とともに盛んに描いたのが、諸国の山や海などの自然を題材にした作品です。広重は若い時期から、江戸から遠く離れた東海道の名所などを題材にしていますが、特に40代頃からは甲州や房総など、さまざまな場所へ旅に出たことが知られ、旅先で自然を写した経験が以降の作品に反映されていると考えられています。
本展では山と海をキーワードに、広重が晩年に手掛けた揃物「山海見立相撲」や、「六十余州名所図会」をはじめ、よく知られる名品から展示されることの少ない作品まで、幅広く展観します。
浮世絵に描かれた絶景を、旅をする気分で楽しみながら、広重の画業をもっと深く知ることができる展覧会です。

歌川広重「五十三次名所図会 十四原あし鷹山不二眺望」
歌川広重「五十三次名所図会 十四原あし鷹山不二眺望」
歌川広重「冨士三十六景甲斐犬目峠」
歌川広重「冨士三十六景甲斐犬目峠」
歌川広重「木曽路之山川」
歌川広重「木曽路之山川」
歌川広重「阿波鳴門之風景」
歌川広重「阿波鳴門之風景」
歌川広重「山海見立相撲 讃岐象頭山」
歌川広重「山海見立相撲 讃岐象頭山」
歌川広重「冨士三十六景駿河薩タ之海上」
歌川広重「冨士三十六景駿河薩タ之海上」
歌川広重「山海見立相撲 相模大山」
歌川広重「山海見立相撲 相模大山」
歌川広重「甲陽猿橋之図」
歌川広重「甲陽猿橋之図」
歌川広重「六十余州名所図会
歌川広重「六十余州名所図会

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る