セバスチャン・シロドー 写真展「ROCK TREE HAPPINESS ~岩と木と幸せ~」京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

セバスチャン・シロドー 写真展「ROCK TREE HAPPINESS ~岩と木と幸せ~」京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

名称:セバスチャン・シロドー 写真展「ROCK TREE HAPPINESS ~岩と木と幸せ~」京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
会期:2023年06月06日(火) 〜 2023年06月18日(日)
会場:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
時間:11:00~18:00
休館日:会期中無休
料金:無料
住所:〒605-0089 京都市東山区元町367-5
TEL:075-746-3985
URL:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

フランス人写真家、セバスチャン・シロドーの日本初個展です。徳島県の伝統和紙「阿波和紙」の技を生かした用紙「AIJP(アワガミ・インクジェットペーパー)」にプリントした作品を展示します。
この度、京都写真美術館で日本初の個展を開催できることを大変嬉しく思います。写真家、アーティストとして私は自然の中の短い瞬間をとらえ、繊細な視覚的ストーリーを語ることに情熱を注いでいます。ここ京都では、コロナの前後に撮影された連続写真シリーズ(および単体の写真も数点)を展示しています。印象派やピクトリアリズムの芸術運動、エリック・サティ、YMO、デヴィッド・シルヴィアンの音楽に影響を受けたこれらの写真では、岩、木(ゴッホの村オーヴェル・シュル・オワーズ)、川を取り巻く物理的な自然の動きが捉えられています。
表現力を高めるために、モノクロとカラーの両方で撮影することが多く、目的の効果を得るためクリエイティブなフィルターを取り入れることが多くなっています。プリントすること自体が芸術であると考え、これらの写真をアワガミの表情豊かな「AIJP」和紙に印画することを嬉しく思っています。
皆さまがこの展覧会及びこの体験を共有していただけることに感謝しつつ、幸せへの道を歩んでくださることを願っております。(セバスチャン・シロドー)
セバスチャン・シロドー
ゲームのディレクターとしてクリエイターとしてのキャリアを開始。その後写真へ移行し、Flammarion Pressの図鑑『French Style』シリーズを発表。2021年に写真集『Aller à l’Arbre』でフランスの権威ある賞「Prix Nadar」ファイナリストに選出。2022年には印象派と音楽の両方からインスピレーションを受けた写真シリーズ「Chercher Vincent」を制作。画家ゴッホの終の棲家として知られるオーヴェル・シュル・オワーズで制作されたこの作品は、その後La Maison du Dr.Gachet Museumで展示された。今回の展覧会は、徳島・アワガミファクトリーへのアーティスト・イン・レジデンスを経て開催する日本初個展となる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る