「杉浦非水の大切なもの 初公開・知られざる戦争疎開資料」川越市立美術館

「杉浦非水の大切なもの 初公開・知られざる戦争疎開資料」川越市立美術館

名称:「杉浦非水の大切なもの 初公開・知られざる戦争疎開資料」川越市立美術館
会期:2023年7月8日(土)~2023年9月3日(日)
会場:川越市立美術館
開館時間:9:00 〜 17:00
休館日:月曜日
   7月17日は開館
   7月18日は休館
入場料:一般 600円、大学生・高校生 300円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
主催:川越市
助成:芸術文化振興基金
後援:朝日新聞さいたま総局、産経新聞さいたま総局、時事通信社さいたま支局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM東上・川越、テレ玉、FM NACK5
住所:〒350-0053埼玉県川越市郭町2-30-1
TEL:049-228-8080
URL:川越市立美術館

日本におけるグラフィックデザインの草創期に第一線で活躍した図案家・杉浦非水(すぎうらひすい/1876-1965)。
三越の看板デザイナーとしての仕事を皮切りに、ポスター、雑誌表紙、装丁など、時代やクライアントのニーズを敏感に察知しつつ多彩な展開を見せた非水のデザインは、印刷という新興メディアをとおして当時の社会に浸透し、現在もなお高い評価を得ています。
非水の妻は、川越の有力な商家岩崎家出身の歌人・杉浦翠子(すぎうらすいこ/1885-1960)です。
実は、第二次世界大戦の戦況が一層深刻化した1944年(昭和19)、非水は岩崎家に自身の仕事である膨大なグラフィック作品群を疎開させていました。そしてその一部は今日まで岩崎家の人々によって人知れず守り伝えられてきました。
本展では、新発見の「非水百花譜」原画をはじめ、ポスターや雑誌表紙といった非水図案の印刷物、図案集、若干の書簡類や写真類など、1000点以上に及ぶ非水の戦争疎開資料のなかから、厳選した約300点を初公開します。
モダンでスタイリッシュな非水図案の世界をどうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る