「本の芸術家・武井武雄展」神奈川近代文学館

「本の芸術家・武井武雄展」神奈川近代文学館

名称:「本の芸術家・武井武雄展」神奈川近代文学館
会期:2023年6月3日(土)~2023年7月23日(日)
開館時間:09:30 〜 17:00
休館日:月曜日 7月17日は開館
入場料:一般 500円、65歳以上・20歳未満・大学生 250円、高校生 100円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
会場:神奈川近代文学館
住所:〒231-0862神奈川県横浜市中区山手町110
TEL:045-622-6666
URL:神奈川近代文学館

子どもたちの魂に触れる絵を届けようと、童画を描き続けた武井武雄(1894~1983)。その武井が童画、版画の創作と並行して取り組んだのが、真に芸術的な本の創造でした。詞文、画、印刷技法、素材の調和を追究した画文集「武井武雄刊本作品」を約半世紀にわたり139作品製作しました。これらは「親類」と呼ばれる限られた会員に製作実費のみで頒布され、現代に至るまで「本の宝石」「本の芸術作品」として愛書家垂涎の貴重本となっています。
当館では、2011年(平成23)に「親類」の一員だった平尾榮美氏が収集した「武井武雄刊本作品」全作品と、武井の著作や関連資料などおよそ1800点をご遺族からご寄贈いただき「平尾榮美コレクション武井武雄資料」として保存しています。本展は、武井の没後40年を機に、刊本作品に焦点をあて、本コレクションとイルフ童画館所蔵の原画などによって、ひたむきにその製作と向き合った武井の足跡とともに紹介するものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る