「池田遙邨名作展」倉敷市立美術館

「池田遙邨名作展」倉敷市立美術館

名称:「池田遙邨名作展」倉敷市立美術館
会期:2023年7月15日(土)~9月24日(日)
展覧会場:美術館2階 第2・第3展示室
休館日:月曜日休館ただし7月17日・9月18日(月・祝)は開館。7月18日・9月19日(火)は休館。
開館時間:9時~17時15分(入場は16時45分まで)
観覧料:一般210円(150円)
    高大生100円(70円)
    小中生50円(30円)
    ( )内は20名以上の団体料金
    倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
    高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
    65歳以上の方、障がい者の方とその付き添いの方1名は無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。障害者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が適用されます。)
主催:倉敷市教育委員会
住所:〒710-0046岡山県倉敷市中央2-6-1
TEL:086-425-6034
URL:倉敷市立美術館

池田遙邨が自身の画風を模索していた大正から昭和初期頃の活動に焦点を当てて紹介するほか、戦後日展に出品した代表作を展示。
また、本年が関東大震災から100年にあたることから震災の惨状を描いた「災禍の跡」をスケッチや画稿とともに特集展示する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る