三橋節子没後50年プレ回顧展「セツコ・リターン」長等創作展示館・三橋節子美術館

三橋節子没後50年プレ回顧展「セツコ・リターン」長等創作展示館・三橋節子美術館

名称:三橋節子没後50年プレ回顧展「セツコ・リターン」長等創作展示館・三橋節子美術館
会期:令和5年6月24日(土曜)~令和6年5月26日(日曜)
住所:〒520-0035滋賀県大津市小関町1‐1
TEL:077-523-5101
URL:長等創作展示館・三橋節子美術館

「人間の中心に愛と死がある、それを芸術は語るのだ。その例が飛び込んできた。」
哲学者の梅原猛氏は夭折した日本画家「三橋節子」の絵画を観て、こう語りました。野草の画家とも称された彼女は癌のため利き腕の右手を失い、余命いくばくもない中、絵筆を左手に持ち替え描いた近江昔話にまつわる感動的な絵画を残しました。この度、節子没後50年(令和7年(2025年))を迎えるに当たり、彼女の人生と画業について振り返るプレ回顧展を開催いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 皇居三の丸尚蔵館展「皇室の至宝 北海道ゆかりの名品」北海道立近代美術館
  2. 「花鳥風月―水の情景・月の風景」皇居三の丸尚蔵館
  3. 特別展「日本の巨大ロボット群像」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る