「新収蔵:メアリー・カサット《劇場にて》」ポーラ美術館

メアリー・カサット《劇場にて》1878-1879年頃 ポーラ美術館

名称:「新収蔵:メアリー・カサット《劇場にて》」ポーラ美術館
会期:2023年7月12日(水)~2023年12月3日(日)
会場:ポーラ美術館
開館時間:9:00 〜 17:00
入場料:一般 1800円、
    65歳以上 1600円、
    大学生・高校生 1300円、
    中学生以下 無料、
    障害者手帳提示と付き添い1名 1000円
住所:〒250-0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
URL:ポーラ美術館

エドガー・ドガ《踊りの稽古場にて》1884年頃 ポーラ美術館
エドガー・ドガ《踊りの稽古場にて》1884年頃 ポーラ美術館

アメリカ出身のメアリー・カサット(1844-1926)は、ペンシルヴァニアで伝統的な美術教育を受けたのち、パリでの活躍を夢見て渡仏します。エドガー・ドガ(1834-1917)との出会いをきっかけとして、当時の美術界における最新の動向であった印象派の運動に参加すると、おもに人物を描いた画家として活躍しました。後年における浮世絵や屏風の収集が示しているように、日本の美術を愛好したカサットの作品には、ジャポニスムの傾向がはっきりと表れています。
新収蔵作品である《劇場にて》は、パリのオペラ座に取材した作品であると考えられています。同時代における最新の流行、すなわち近代生活の場面を描き出した印象派の画家たちにとって、観劇の場所であるとともに、新興のブルジョワたちが華々しい交流を繰り広げた社交場としての劇場は、申し分のないテーマであったのです。今回の展示では、関連する作品を交えて当時の文脈を紹介しながら、カサットの《劇場にて》を初公開いたします。

メアリー・カサット《劇場にて》1878-1879年頃 ポーラ美術館
メアリー・カサット《劇場にて》1878-1879年頃 ポーラ美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る