「石黒光二 彫刻展 -心・空間・かたち-」酒田市美術館

「石黒光二 彫刻展 -心・空間・かたち-」酒田市美術館

名称:「石黒光二 彫刻展 -心・空間・かたち-」酒田市美術館
会期:2023年9月2日(土)〜10月22日(日) 
会場:酒田市美術館
観覧料金:当日一般900円
休館日:会期中無休
住所:〒998-0055山形県酒田市飯森山3-17-95
TEL:0234-31-0095
URL:酒田市美術館

「石黒光二 彫刻展 -心・空間・かたち-」酒田市美術館
「石黒光二 彫刻展 -心・空間・かたち-」酒田市美術館

石黒光二(1952~)は、酒田市山谷(旧平田町)出身の彫刻家。多摩美術大学彫刻科卒業後、同市出身作家・高橋剛(1921~1991)に師事。1975年の第5回日彫展、1976年の第8回日展にそれぞれ初出品し、現在に至るまで出品を続けている。
1993年には日彫展西望賞、2016年には日展内閣総理大臣賞を受賞するなど、彫刻界で高い評価を受けていきた。また、全国の野外彫刻も多数手掛け、中でも地元酒田市に設置されている作品は庄内の自然と人々の暮らしのなかに溶け込み、地域の方々に親しまれている。
石黒は、人物と幾何形態を組み合わせた塑像(そぞう)による心象表現によって、空間との調和やかたちそのものに宿る美しさを追求してきた。本展では、初期作品から近年発表された新たな作品約50点を一堂に会し、人物と幾何形態によって生み出される心象空間の世界を紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る