「−練る 挽く 彫る 焼く−  和田 的 陶展」日本橋三越本店

「−練る 挽く 彫る 焼く−  和田 的 陶展」日本橋三越本店

名称:「−練る 挽く 彫る 焼く−  和田 的 陶展」日本橋三越本店
会期:2023年9月13日(水) ~ 2023年9月18日(月·祝)
会場:本館6階 美術特選画廊 最終日午後5時終了
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

この度、日本橋三越本店では9年ぶりとなる和田的氏の展覧会を開催いたします。
シャープな造形と鋭く刻まれる彫りと削りにより、陰影が印象深い作品が代表作である和田氏。
本展では、和田氏の削りの極致を存分に味わえる、約15点に厳選した作品を展覧いたします。
ぜひ、ご高覧いただきますよう、ご案内申しあげます。

和田 的 略歴
1978年 千葉県生まれ
2001年 文化学院陶磁科卒業 上瀧勝治に師事
2005年 独立 (公社)日本工芸会正会員認定
2007年 文化庁新進芸術家海外研修員、フランス(パリ)
主な個展/企画展
2023年 陶芸家 和田 的 展 −光と陰−(佐倉市立美術館/益子陶芸美術館)
所蔵作品展「水のいろ、水のかたち」(国立工芸館)
現代のやきもの 思考するかたち 菊池コレクション展(菊池寛実記念智美術館)
2022年 未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展(全国8美術館)
ジャンルレス工芸展(国立工芸館)
    新たなカタチを求めて-モールディング&カービング展(益子陶芸美術館)
2021年 CONTRAST-光と陰- (山口県立萩美術館·浦上記念館)
和田 的展 -シャープなフォルムから生み出される白磁の美- (ちばぎんひまわりギャラリー)
    土イジリ展(茨城県陶芸美術館)
    現代茶陶展のあゆみ(土岐市美濃陶磁歴史館)
    国立工芸館石川移転開館記念展Ⅲ「近代工芸と茶の湯のうつわー四季のしつらい」(国立工芸館)
2020年 和田的陶展(京都/大阪/横浜高島屋)
和田的展(GALLERY器館)
国立工芸館石川移転·開館記念事業参加(国立工芸館)
    特別展 工藝2020 自然と美の形(東京国立博物館)
    青か、白かー青磁·白磁·青白磁(茨城県陶芸美術館)
2019年 第21回 岡田茂吉賞展 現代日本工芸の最前線(MOA美術館) 
    第25回 日本陶芸展 招待出品
    21st DOMANI·明日展 平成の終わりに(国立新美術館)
2018年 和田的-陶芸と彫刻-(市民ギャラリーいなげ)
    欲しいが見つかる器展(茨城県陶芸美術館)
2017年 現代の茶陶(茨城県陶芸美術館)
    清楚な磁器と静謐なる造形(東海村ステーションギャラリー)
K氏コレクション展(多治見意匠研究所)
    明治維新150年·萩陶芸家協会創立25周年記念 茶陶の現在-2018萩(山口県立美術館·浦上記念館)
東美アートフェア、水戸忠交易、東京
現代6作家による茶室でみる磁器の現在 根津美術館、東京
2016年 近代工芸と茶の湯Ⅱ(東京国立近代美術館工芸館)
    REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸(パナソニック汐留ミュージアム)
2015年 日本工芸会東日本·東海選抜展(MOA美術館)
2014年 和田 的陶展 LIXIL GALLERY、東京
展開するチカラ展(益子陶芸美術館)
    現代·陶芸現象(茨城県陶芸美術館)
    関東のうつわ展(伊丹工芸センター)
2013年 2013年 現代の名碗(菊池寛実智美術館)
    清州ビエンナーレ招待出品(韓国)
2012年 和田的展 現代陶芸寛土里、以後16’、東京
    和田的展 やまに大塚ギャラリー緑陶里、栃木
2011年 和田的陶展 柿傳ギャラリー、以後13’ 、東京
    白の時代展(益子陶芸美術館)
2010年 現代工芸への視点「茶事をめぐって」(東京国立近代美術館工芸館)
2007年 和田的作陶展 日本橋三越本店、以後09’,11’,14’,23’東京
受賞
2020年 日本陶磁協会賞(令和元年〈2019〉度)
2017年 第15回千葉市芸術文化新人賞
    第37回伝統文化ポーラ賞 奨励賞
    第64回日本伝統工芸展 白器「ダイ/台」 東京都知事賞
第7回菊池ビエンナーレ「表裏」大賞
2016年 第9回現代茶陶展 白器水指「表裏」 TOKI織部大賞
第27回タカシマヤ文化基金 タカシマヤ美術賞
2011年 第6回パラミタ陶芸大賞展 大賞
    第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)「ふわふわ5!」 山口銀行賞
2010年 第50回東日本伝統工芸展 白磁「はこ」 第50回展記念賞
2009年 第3回菊池ビエンナーレ 白器「ダイ/台」 奨励賞
    第20回日本陶芸展 「ザ!オブジェ」 特別賞 池田満寿夫賞
2007年 第35回新作陶芸展 白器「表裏」 日本工芸会賞
パブリックコレクション
宮内庁、国際交流基金、イセ文化基金、千葉市、国立工芸館、茨城県陶芸美術館、菊池寛実記念智美術館、パラミタミュージアム、
益子陶芸美術館、土岐市美濃陶磁歴史館、高島屋史料館、千葉銀行、Cincinnati Art Museum,U.S.A、
Minneapolis Institute of Arts,U.S.A、Allen Memorial Art Museum,U.S.A、MINKA contemporary art museum,Argentine Republic
現在:(公社)日本工芸会正会員、千葉県美術会理事、陶葉会会員

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る