「face to face Vol.Ⅲ」Bunkamura Gallery 8

小津航 「Face-Green-」 キャンバスに油彩 22.7×15.8cm

名称:「face to face Vol.Ⅲ」Bunkamura Gallery 8
会期:2023年9月23日(土・祝)~10月9日(月・祝)
会場:Bunkamura Gallery 8/ (渋谷ヒカリエ8F)
開館時間:11:00~20:00
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1
TEL:03-3477-9174
URL:Bunkamura Gallery 8

松浦美桜香 「pl(r)ay」
キャンバスに油彩 162×130.3cm
松浦美桜香 「pl(r)ay」 キャンバスに油彩 162×130.3cm

今年3月より個人の判断となったマスク着用。久しぶりの開放感に率先してマスクを取る者がいる一方で、より強く予防をする人も現れ、マスクに対する「個人の判断」によってその人の生き方が現れている。
特に女性にとって顔をさらけ出すことへのハードルが上がったここ数年、素顔を見せる恐怖によって、青春時代の素顔が残っていない加工世代の顔忘れや女学生たちのマスク継続宣言など「顔ってそんなにこわいものだったっけ?」と思わせる事態も発生している。
faceに焦点を当てた今展も今回で3度目。アート界ではこのゆっくりと狂う「顔」の立場がどう影響してくるのか。様々な観点で制作された作品と直面し、その表情をご堪能いただきたい。
【出展作家】小津航 / ナカバヤシアリサ / 中屋明子 / 松浦美桜香 / 松本崇宏

ナカバヤシアリサ「20190420」
紙にアクリル、鉛筆 29.7×21cm
ナカバヤシアリサ「20190420」 紙にアクリル、鉛筆 29.7×21cm
小津航 「Face-Green-」 キャンバスに油彩 22.7×15.8cm
小津航 「Face-Green-」 キャンバスに油彩 22.7×15.8cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る