横山美術館名品展「明治・大正の輸出陶磁器 技巧から意匠へ」平塚市美術館

宮川香山(初代) 高浮彫薔薇鳩花瓶(部分)、明治時代前期~中期(19世紀後半)、各 24.5×22.8㎝、横山美術館蔵

名称:横山美術館名品展「明治・大正の輸出陶磁器 技巧から意匠へ」平塚市美術館
会期:2023年10月7日(土)~2023年11月26日(日)
会場:平塚市美術館
時間:9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、10月10日(火)
   ※ただし、10月9日は開館
観覧料:一般 900円(720円)
   高大生 500円(400円)
   ※( )内は団体料金
   ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
   ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1名は無料
   ※65歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金
主催:平塚市美術館
特別協力:公益財団法人 横山美術館
協賛:神奈川中央交通株式会社
住所:〒254-0073神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL:0463-35-2111
URL:平塚市美術館

鼠南瓜胡瓜置物、明治時代前期~中期(19世紀後半)、26.0×25.0㎝、横山美術館蔵
鼠南瓜胡瓜置物、明治時代前期~中期(19世紀後半)、26.0×25.0㎝、横山美術館蔵

明治時代には、政府が推進する殖産興業、輸出振興政策により、日本の陶磁器が欧米を中心に積極的に輸出されました。その背景には、19世紀後半から欧米でたびたび開催された万国博覧会において日本の陶磁器が高い評価を得ていたことが挙げられます。
欧米の人々の好みにあうよう制作された東洋的なモチーフと精緻な技巧による絢爛豪華な陶磁器は、ジャポニスムの気運を高めるとともに欧米のやきものと相互に影響しあいながら、後のアール・ヌーヴォー、アール・デコへと展開する端緒となりました。
神奈川県内でも、1859年の横浜開港により、従来窯がなかった横浜で陶器生産がはじまり、京都から移り住んだ宮川香山(みやがわこうざん 1842-1916)が真葛焼(まくずやき)を試みて好評を博しました。香山の技巧を凝らした陶器からは、全力を尽くして世界に挑戦していた明治の陶工の気概が見て取れます。ほかにも素地を産地から取り寄せて横浜で上絵付を施す工場が多数でき、輸出港ならではの賑わいをみせました。
本展は、輸出陶磁器の全盛期である明治時代前半に海外へ輸出された日本各地の陶磁器の里帰り品を皮切りに、明治30年代以降のアール・ヌーヴォー、アール・デコに代表される新しい意匠(デザイン)を取り入れた作品を、公益財団法人 横山美術館の名品約140点により紹介するものです。
◆ 公益財団法人 横山美術館について
公益財団法人横山美術館は、株式会社プロトコーポレーション代表取締役会長・横山博一氏が収集した約3,000点におよぶ明治・大正期に制作された優れた陶磁器の里帰り品を後世に残し、世に広く伝えるため、2017年に名古屋市東区に開館しました。明治・大正期に日本から海外に輸出された陶磁器は、その卓越した技巧と斬新なデザインが注目され、近年、大きな脚光を浴びていますが、国内の現存数は限られています。日本では目にする機会の少なかった輸出陶磁器を里帰りさせるべく収集された横山美術館のコレクションは、近代日本における陶磁器の主要産地、代表的な窯屋、作家を網羅しており、近代陶磁史の研究に大きく資するものです。

宮川香山(初代) 高浮彫河骨亀翡翠花瓶、明治時代前期(19世紀後半)、30.2×23.2㎝、横山美術館蔵
宮川香山(初代) 高浮彫河骨亀翡翠花瓶、明治時代前期(19世紀後半)、30.2×23.2㎝、横山美術館蔵
宮川香山(初代) 高浮彫河骨亀翡翠花瓶(部分)、明治時代前期(19世紀後半)、30.2×23.2㎝、横山美術館蔵
宮川香山(初代) 高浮彫河骨亀翡翠花瓶(部分)、明治時代前期(19世紀後半)、30.2×23.2㎝、横山美術館蔵
金盛花鳥図水差(オールドノリタケ)、明治 24~44(1891~1911)年、22.0×18.4㎝、横山美術館蔵
金盛花鳥図水差(オールドノリタケ)、明治 24~44(1891~1911)年、22.0×18.4㎝、横山美術館蔵
金盛花鳥図水差(オールドノリタケ)(部分)、明治 24~44(1891~1911)年、22.0×18.4㎝、横山美術館蔵
金盛花鳥図水差(オールドノリタケ)(部分)、明治 24~44(1891~1911)年、22.0×18.4㎝、横山美術館蔵
諏訪蘇山(初代) 釉下彩透彫葡萄図花瓶、明治42(1909)年頃、48.0×31.8㎝、横山美術館蔵
諏訪蘇山(初代) 釉下彩透彫葡萄図花瓶、明治42(1909)年頃、48.0×31.8㎝、横山美術館蔵
諏訪蘇山(初代) 釉下彩透彫葡萄図花瓶(部分)、明治42(1909)年頃、48.0×31.8㎝、横山美術館蔵
諏訪蘇山(初代) 釉下彩透彫葡萄図花瓶(部分)、明治42(1909)年頃、48.0×31.8㎝、横山美術館蔵
横山美術館 外観
横山美術館 外観
宮川香山(初代) 高浮彫薔薇鳩花瓶(部分)、明治時代前期~中期(19世紀後半)、各 24.5×22.8㎝、横山美術館蔵
宮川香山(初代) 高浮彫薔薇鳩花瓶(部分)、明治時代前期~中期(19世紀後半)、各 24.5×22.8㎝、横山美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る