「村上隆 もののけ 京都」京都市京セラ美術館

名称:「村上隆 もののけ 京都」京都市京セラ美術館
会期:2024年2月3日(土)~2024年9月1日(日)
会場:京都市京セラ美術館
展示室:新館 東山キューブ
時間:10:00~18:00
休館日:月曜日 祝日の場合は開館
観覧料:一般 2,200円(2,000円)
   大学・専門学校生 1,500円(1,300円)
   高校生 1,000円(800円)
   中学生以下 無料
   ※( )内は前売、 20人以上の団体料金
   ※障害者手帳等を提示の方は本人及び介護者1名無料(学生証、障害者手帳等確認できるものを要持参)
   ※そのほか企画チケットあり
主催:京都市、朝日新聞社、京都新聞、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿
クリエイティブ・パートナー:ソニー・ミュージックエンタテインメント
制作協力:NHKプロモーション
特別協力:有限会社カイカイキキ、Perrotin、Gagosian
     高橋信也(京都市京セラ美術館)、三木あき子(キュレーター)
住所:〒606-8344京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
TEL:075-771-4107
URL:京都市京セラ美術館

村上隆《かわいい夏休み(光琳 花)》(参考作品)2008年 デザインデータ 3000×9000 mm
©2008 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《かわいい夏休み(光琳 花)》(参考作品)2008年 デザインデータ 3000×9000 mm ©2008 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

現代美術の最前線で活躍する村上隆の大規模な個展「村上隆 もののけ 京都」を、2024年2月より、今年度開館90周年を迎える京都市京セラ美術館において開催します。
村上隆(1962年生まれ)は、マンガやアニメといったポピュラーカルチャーなどの引用やそれらとのコラボレーションを通して、アートの価値や本質的な意味を問いかけてきました。そのキャリアは、欧米が事実上の規範となっている国際的なアートシーンに、日本から独自の視点で挑み、刺激を与え続けてきた営みであると言えます。高い評価を受ける村上の作品は、世界各地の美術館でコレクションされており、『アートレビュー』誌の「Power100(アート界で最も影響力のある100人)」には10年連続で選出されています。
江戸時代に絵師たちが活躍した京都に深い関心を持ち、インスピレーションを得てきた村上にとって、本展は国内で約8年ぶり、東京以外で初めての大規模個展となります。現在、《かわいい夏休み(黄金の王国の夏休み)》2008年)や、「光琳」シリーズ(2015年)など日本美術に想を得た作品の本展特別バージョンを制作中であるほか、京都とその歴史を参照した数々の新作を構想しており、美しい伝統と都市の活気とが交差する京都を舞台に初公開します。常に圧倒的な美的領域を構築してきた村上隆の新たな世界にご期待ください。

村上隆《潤声 鮮血》(参考作品)2014年 デザインデータ φ1500 mm
©2014 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《潤声 鮮血》(参考作品)2014年 デザインデータ φ1500 mm ©2014 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《光琳:超紐理論》(参考作品)2015年 デザインデータ φ1500 mm
©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《光琳:超紐理論》(参考作品)2015年 デザインデータ φ1500 mm ©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《かわいい夏休み(黄金の王国の夏休み)》(参考作品)2008年 デザインデータ 3000×9000 mm ©2008 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆《かわいい夏休み(黄金の王国の夏休み)》(参考作品)2008年 デザインデータ 3000×9000 mm ©2008 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る