Osaka Directory 5 supported by RICHARD MILLE「肥後 亮祐」大阪中之島美術館

名称:Osaka Directory 5 supported by RICHARD MILLE「肥後 亮祐」大阪中之島美術館
会期:2023年12月23日(土) – 2024年1月21日(日)
会場:大阪中之島美術館 2階 多目的スペース
休館日:月曜日(1/8を除く)、12/31、1/1休館(開館日は開場)
開場時間:10:00 – 17:00
観覧料:無料
主催:大阪中之島美術館、公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
住所: 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
TEL:06-6479-0550
URL: 大阪中之島美術館

肥後亮祐 《Sandy Island》 「クリテリオム 97 肥後亮祐」展示風景(2020年、水戸芸術館現代美術ギャラリー) 撮影:仲田絵美
肥後亮祐 《Sandy Island》 「クリテリオム 97 肥後亮祐」展示風景(2020年、水戸芸術館現代美術ギャラリー) 撮影:仲田絵美

大阪中之島美術館は関西・大阪21世紀協会とともに、「Osaka Directory 5 supported by RICHARD MILLE 肥後亮祐」展を開催します。
辞書が転載防止のために掲載した意味をなさない造語や、Google Map上にデータとして置かれているが現実には存在しない幻の島などをテーマに作品を制作してきた肥後は、社会や個人が無自覚にまたは意図的につくりだす「虚構」とその伝播などを考察してきました。
本展では、美術館や博物館で使用されている「温湿度計」に秘められたストーリーを紐解いて、新作のインスタレーション作品として展開します。

肥後亮祐 《Null Island》 「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-」展示風景(2021年、京都文化博物館)
肥後亮祐 《Null Island》 「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-」展示風景(2021年、京都文化博物館)
肥後亮祐氏
肥後亮祐氏

肥後亮祐(ひご・りょうすけ)
1995年、北海道生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程美術専攻構想設計領域在籍。主な展覧会に、「連続するプロジェクト/インスタレーションを所有する Art Collaboration Kyoto (ACK) Associated Programs」(BnA Alter Museum SCG、京都、2022年)、「Kyoto Art for Tomorrow 2021 ―京都府新鋭選抜展―」(京都文化博物館、京都、2021年)、個展「クリテリオム 97 肥後亮祐」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城、2020年)、個展「bird carving」(KUNST ARZT、京都、2020年)、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019 KG+」(GALLERY Ann、京都、2019年)、「写真新世紀展 2018」(東京都写真美術館、東京、2018年)などがある。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る