「過ぎ去った航灯」 ©midorikawa youichi

名称:光の魔術師 緑川洋一「瀬戸内のメルヘン」FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
会期:2024年1月4日(木)~2024年3月27日(水)
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
時間:10:00~19:00 (最終入場時間 18:50)
   最終日は16:00まで(入場は終了10分前まで)
休館日:会期中無休 
観覧料:無料
住所:〒107-0052東京都港区赤坂9-7-3(東京ミッドタウン、FUJIFILM SQUARE内)
TEL:03-6271-3350
URL:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

「十五夜」 ©midorikawa youichi
「十五夜」 ©midorikawa youichi

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館では、「光の魔術師」や「色彩の魔術師」と称された戦後日本を代表する写真作家、緑川洋一の作品展を開催します。
生涯を岡山で過ごした緑川洋一(1915-2001)は、常に新しい表現を目指した先駆的な写真家です。太平洋戦争中から記録的なルポルタージュを手掛けていましたが、1950年代になると多重露光、長時間露光、モンタージュ、特殊なフィルム現像、そしてフィルターワークなどあらゆる技法を駆使して、現実の風景をメルヘンの世界へと昇華させていきました。特に、カラーフィルムが一般的でなかった1960年代初頭から色彩表現を意欲的に追求。その成果である写真集『瀬戸内海』(美術出版社、1962年)は日本写真批評家協会賞作家賞、日本写真協会作家賞などを受賞しています。
その後日本全国の国立公園や皇居の庭園をテーマとした、スケールの大きな風景作品も発表し、生涯に出版した写真集は70冊以上に上りました。なかでも瀬戸内海を舞台にした作品は質・量ともに群を抜いています。世界のどこよりも「この瀬戸内海が一番美しい」※と語ったとおり、緑川のきわめてユニークで実験的な表現の多くも、幼いころから眺め続けたこの海を舞台に生まれたのです。
本展はその瀬戸内海のカラー写真のシリーズを中心に、初期のモノクロ作品と、晩年の『花あそび』(東方出版、1998年)のイメージを加えて構成いたします。最新のデジタル技術を使ってオリジナルフィルムから新たに作成した銀写真プリントで、緑川が写真で描いたメルヘンの世界がよみがえります。
※ 写真集『瀬戸内海』(美術出版社)

「島と釣舟」©midorikawa youichi
「島と釣舟」©midorikawa youichi
「入陽の海」 ©midorikawa youichi
「入陽の海」 ©midorikawa youichi
「すいせん」 ©midorikawa youichi
「すいせん」 ©midorikawa youichi
「過ぎ去った航灯」 ©midorikawa youichi
「過ぎ去った航灯」 ©midorikawa youichi

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る