企画展「AICHI やきもの ざんまい ー愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくすー」豊川市桜ヶ丘ミュージアム

企画展「AICHI やきもの ざんまい ー愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくすー」豊川市桜ヶ丘ミュージアム

名称:企画展「AICHI やきもの ざんまい ー愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくすー」豊川市桜ヶ丘ミュージアム
会期:2023年12月16日(土)〜2024年1月28日(日) 
会場:豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階・第1~3展示室
観覧料:無料
休館日:月曜日(1月8日は開館)、12月29日~1月3日
住所:〒442-0064愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
TEL:0533-85-3775
URL:桜ヶ丘ミュージアム

企画展「AICHI やきもの ざんまい ー愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくすー」豊川市桜ヶ丘ミュージアム
企画展「AICHI やきもの ざんまい ー愛知県陶磁美術館の名品をあじわいつくすー」豊川市桜ヶ丘ミュージアム

 古来よりやきものづくりが盛んな愛知県。そこから生まれた名品の数々を、日本屈指のやきもの専門ミュージアム・愛知県陶磁美術館との共催で展覧会を開催します。
出品内容は愛知県陶磁美術館のコレクションから、選りすぐりのやきものを100件以上展示します。
 愛知の陶芸はわが国最大の古窯群の猿投窯から、瀬戸や常滑のやきものに連綿と引き継がれ、江戸時代には犬山城下の犬山焼や、名古屋城下での茶の湯の発展を背景に、萩山焼・御深井焼・笹島焼など各地で大小様々な窯が興りました。近代以降は国内外の需要による洋食器やノベルティなどの生産を経て、現代陶芸作品として表現されるまでに至ります。
 豊川にいながら、県内全域の古代から現代までの様々なやきものを一堂に観覧できる機会をお見逃しなく。
長い歴史を超え、伝統と革新を重ねながら発展してきた、愛知のやきものをぜひご覧ください。
 また関連企画として、ギャラリートークやワークショップ、茶室ミニコンサートを開催します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る