「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」岡山県立美術館

「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」岡山県立美術館

名称:「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」岡山県立美術館
会期:2024年4月19日(金曜日)から5月26日(日曜日)まで
開館時間:9時から17時
   4月19日(金曜日)のみ10時開場
   4月27日(土曜日)、5月25日(土曜日)は19時まで夜間開館
   いずれも入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし、4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火曜日)
観覧料:一般:1200円、65歳以上:1000円*、高大学生:500円*、中学生以下:無料*
   *学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください
   ※障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料
   ◎本展観覧券で同時開催の「岡山の美術展」もご覧いただけます
主催:岡山県立美術館
共催:岡山県立大学、山陽新聞社
企画協力:京都国立近代美術館
後援:公益財団法人岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、一般財団法人岡山県国際交流協会
住所:〒700-0814岡山県岡山市北区天神町8-48
TEL:086-225-4800
URL:岡山県立美術館

「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」岡山県立美術館
「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」岡山県立美術館

1960年代、欧米において従来のテキスタイルの概念を超えた作品群が誕生してきました。伝統的な技法を踏まえつつも、天然・合成繊維のみならず金属や鉱物などさまざまな素材を取り込んで、平面から立体そして空間へと展開した作品群は、ファイバーアート(繊維造形)と呼ばれ、その潮流は世界へと波及しました。小林正和(1944ー2004)は、京都に生まれ、1970年代後半から2000年代にかけて、ファイバーアートの第一人者として国内外で活躍、1995年からは岡山県立大学で後進の指導にあたりました。本展は、小林の生誕80年・没後20年を記念する回顧展で、小林の代表作や関連資料を紹介するとともに、同時代で活躍した作家たちの作品を加え、国際的にも高く評価された日本のファイバーアートの展開を概観します

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る