「収蔵品展 戸田家臣団―松本藩最後の武士団―」松本市立博物館

「収蔵品展 戸田家臣団―松本藩最後の武士団―」松本市立博物館

名称:「収蔵品展 戸田家臣団―松本藩最後の武士団―」松本市立博物館
会期:2024年4月20日(土)〜2024年6月17日(月)
会場:松本市立博物館
開館時間:9:00 〜 17:00
休館日:火曜日
入場料:一般 1000円、大学生 700円、高校生以下 無料
住所:〒390-0874 長野県松本市大手3-2-21
電話:0263-32-0133
URL:松本市立博物館

諸士出身記(松本市教育委員会蔵)
諸士出身記(松本市教育委員会蔵)

昨年10月に移転した松本市立博物館が建つ松本城三の丸は、かつて松本藩主に仕えた武士たちが暮らした「武家地」にあたります。
江戸時代、松本藩の陰には国や藩主を支える家臣たちがいました。当館では、最も長く松本藩主をつとめた大名・戸田家のほか、その家臣たちに由来する資料を多く収蔵しています。
本展では当館収蔵資料を中心に、松本藩主・戸田家に仕えた個性的な家臣たちが「家臣団」として1つにまとまり、主君とともに激動の時代を生きた姿を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る