「広告人・開高健の三つの顔」茅ヶ崎市開高健記念館

「広告人・開高健の三つの顔」茅ヶ崎市開高健記念館

名称:「広告人・開高健の三つの顔」茅ヶ崎市開高健記念館
会期:2024年4月27日(土)〜2024年9月29日(日)
会場:茅ヶ崎市開高健記念館
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日、火曜日、水曜日、木曜日
入場料:200円、開高記念館と茅ヶ崎ゆかりの人物館の2館共通券は300円
住所:〒253-0054 神奈川県茅ケ崎市東海岸南6-6-64
TEL:0467-87-0567
URL:茅ヶ崎市開高健記念館

小説家、ルポルタージュ作家、エッセイスト、旅人、釣り師、美食家など、多彩な顔を持つ開高健ですが、その生涯にわたって関わってきたもう一つの顔が<広告人>としての顔です。
1954年、23歳で大阪にあった壽屋(現・サントリーHD)に入社後、宣伝部での活躍を経て58歳で亡くなる最晩年まで、開高健が遺していった数々の広告人としての足跡を「PR誌編集発行人」「コピーライター」「CMタレント」三つのジャンルに分け、それぞれの顔を追いかけていくことで、時代や社会にいかに多彩で強烈で魅力的な広告の世界を切り拓いていった存在だったのかを振り返ります。
関連イベント
記念講演
日時: 6月1日(土) 13:00〜14:30
講師: 藤森益弘 (開高健記念会 理事)
参加料: 無料(ただし、入館料を別途、頂戴いたします)(先着順、当日申込)
場所: 茅ヶ崎ゆかりの人物館 多目的館(茅ヶ崎市開高健記念館 隣)
展示レクチャー
日時: 5月4日(土)、7月6日(土)13:00〜14:00
講師: 藤森 益弘 氏 (開高健記念会 理事)
参加料: 無料(ただし、入館料を別途、頂戴いたします)(先着順、当日現地申込)
場所: 茅ヶ崎市開高健記念館
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る