「高知県立美術館 コレクション・テーマ展 写真の冒険  シカゴの写真家たちを中心に 石元泰博コレクションより +〈特別上映〉丹下健三『自邸』再現CG」高知県立美術館

「高知県立美術館 コレクション・テーマ展 写真の冒険  シカゴの写真家たちを中心に 石元泰博コレクションより +〈特別上映〉丹下健三『自邸』再現CG」高知県立美術館

名称:「高知県立美術館 コレクション・テーマ展 写真の冒険  シカゴの写真家たちを中心に 石元泰博コレクションより +〈特別上映〉丹下健三『自邸』再現CG」高知県立美術館
会期:2024年4月10日(水)〜2024年7月3日(水)
開館時間:9:00 〜 17:00
会場:高知県立美術館
入場料:一般 370円、大学生 260円、高校生以下 無料
住所:〒781-8123高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8000
URL:高知県立美術館

ネイサン・ラーナー《Eye and Strings》 1939年 ©Kiyoko Lerner
ネイサン・ラーナー《Eye and Strings》 1939年 ©Kiyoko Lerner

当館が誇る「石元泰博コレクション」には、高知ゆかりの写真家・石元泰博の自作のみならず、同時代に活躍した写真家たちの手によるプリントも含まれています。本展では、石元が写真を学び、多大な影響を受けたインスティテュート・オブ・デザイン(通称ニュー・バウハウス)の恩師や学友をはじめとするシカゴの写真家たちや、生前交流のあった国内外の写真家たちの作品を中心に紹介します。
[関連イベント]
トークイベント「丹下健三と石元泰博」
丹下健三研究の第一人者である建築史家の豊川斎赫氏に、丹下建築と石元写真の関係や、CG映像の制作秘話などについてお話しいただきます。
日時: 5月11日(土)14:00~15:30
会場: 1階 講義室 
講師: 豊川斎赫(千葉大学准教授)
聴講: 無料・予約不要

[丹下健三「自邸」再現CG 参考]石元泰博《自邸(丹下健三)》1955年頃 個人蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター
[丹下健三「自邸」再現CG 参考]石元泰博《自邸(丹下健三)》1955年頃 個人蔵 ©高知県,石元泰博フォトセンター

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る