「第5回 丹波 清水剛 陶展」阪急うめだ本店

左から 「丹波酒盃」(径7.5×高さ5.4cm) 「丹波敲紋ぐい呑」(径6.4×6.0cm) 「塩窯酒注」(幅18.8×奥行9.5×高さ7.1cm)

名称:「第5回 丹波 清水剛 陶展」阪急うめだ本店
会期:2024年6月26日(水)〜 7月2日(火)
会場:7階 美術画廊
開館時間:10:00 〜 20:00
入場料:無料
住所:〒530-8350大阪府大阪市北区角田町8番7号
TEL: 06-6361-1381
URL:阪急うめだ本店

丹波焼の産地に生まれ、日々研鑽を積んでいます。今回は、薪窯の力に依った仕事と、装飾と形体に拘った仕事、両様の作品を茶碗、茶道具、酒器、食器を中心に約200点を展観いたします。
清水剛

1975年、兵庫県丹波立杭に生まれる。
1999年、京都市立芸術大学工芸科陶磁器専攻 卒業。陶芸家、今井政之氏・眞正氏に師事。
2005年、兵庫陶芸美術館に勤務(~’12)。
2009年、神戸ビエンナーレ2009 現代陶芸コンペティション 奨励賞(’11)。
2010年、現在形の陶芸 萩大賞展2010 佳作(山口県立萩美術館・浦上記念館)。
2011年、第20回日本陶芸展 入選(’13)。
2015年、外務省派遣事業によりカナダへ(オタワ・バンクーバー・カナダ)。
2016年、日・韓学術シンポジウムにて講演(’19、金海粉青陶瓷館・韓国)。
2017年、平成29年度 兵庫県芸術奨励賞 受賞。
2018年、第23回美濃茶盌展金賞 受賞。第10回現代茶陶展優秀賞 受賞(’19・’23)。
2023年、第10回菊池ビエンナーレ 入選(菊池寛実記念智美術館・東京)。

左から 「丹波酒盃」(径7.5×高さ5.4cm) 「丹波敲紋ぐい呑」(径6.4×6.0cm) 「塩窯酒注」(幅18.8×奥行9.5×高さ7.1cm)
左から 「丹波酒盃」(径7.5×高さ5.4cm) 「丹波敲紋ぐい呑」(径6.4×6.0cm) 「塩窯酒注」(幅18.8×奥行9.5×高さ7.1cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る