「西川勝人 静寂の響き」DIC川村記念美術館

「西川勝人 静寂の響き」DIC川村記念美術館

名称:「西川勝人 静寂の響き」DIC川村記念美術館
会期:2024年9月14日(土) - 2025年1月26日(日)
時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(ただし祝日の場合は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)、12月24日(火)-1月1日(水)、1月14日(火)
観覧料:一般 1,800円
    学生・65歳以上 1,600円
    高校生以下 無料
    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添い1名無料
    ※「学生」は専門学校・予備校の生徒を含みます
    ※「高校生」は高等専門学校の生徒を含みます
    ※高校生以上の方は学生証を、65歳以上の方は年齢の証明できるものを要提示
    ※本チケットでコレクション展示も観覧できます
主催:DIC株式会社
住所:〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631
TEL:050-5541-8600
URL:DIC川村記念美術館

西川勝人《根》1994年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《根》1994年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024

ドイツを拠点に活動する西川勝人(1949–)は、光と闇、その間の漠とした陰影に心を配り、多様な技法を用いた作品を、40年以上にわたり手がけてきました。抽象的なフォルムをもつ彼の白い彫刻は、木や石膏を用いた簡素な構造ながら、表面に淡い陰影を宿し、周囲の光や音さえもそっと吸い込んでしまうように、ただ静かにあります。存在を声高に主張することも、個性を高らかに示すこともしません。写真や絵画など、彫刻以外の制作においても、これは変わることのない最大の魅力です。
本展は、1980年代より現在まで、一定して静けさという特質を保持し続ける西川作品の美学に触れる日本初の回顧展です。彫刻、写真、絵画、ドローイング、インスタレーション、建築的構造物の約70点が、作家自身の構成によって展示されます。静寂が拡がり、淡々とした時が流れる空間で出会うのは、きっと私たち各々の内なる静謐さでしょう。日常から隔たった美術館という場において、観想に耽る一人ひとりのための展覧会です。
◆ 西川勝人(にしかわ かつひと)
1949年東京生まれ。美術を学ぶため、関心を寄せていたバウハウス誕生の地ドイツに23歳で渡り、ミュンヘン美術大学を経て、デュッセルドルフ美術大学でエルヴィン・へーリッヒに師事。1994年以降、ノイス市にあるインゼル・ホンブロイヒ美術館の活動に参画し、美術館に隣接するアトリエを拠点に活動。自然との融合を意識したプロジェクトや、彫刻、平面から家具まで、異なる造形分野を横断しながら制作。シンプルな構造と簡素な素材を用い、光と闇、その間に広がる陰影について示唆に富んだ作品を生み出し続けている。現在はハンブルグ美術大学名誉教授として後進の指導にもあたる。デュッセルドルフ市文化奨励賞受賞。

西川勝人《段丘》2013年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《段丘》2013年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《シントラ》2009年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《シントラ》2009年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《蓮》1998–2000年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《蓮》1998–2000年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《無題》1986年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《無題》1986年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《池のほとり》2010年 作家蔵
©Katsuhito Nishikawa 2024
西川勝人《池のほとり》2010年 作家蔵 ©Katsuhito Nishikawa 2024

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る