「芭蕉翁絵詞伝と義仲寺」大津市歴史博物館

「芭蕉翁絵詞伝と義仲寺」大津市歴史博物館

名称:「芭蕉翁絵詞伝と義仲寺」大津市歴史博物館
会期:令和3年(2021年)2月27日(土曜)から4月11日(日曜)まで
開館時間:午前9時から午後5時まで(展示室への入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
会場:大津市歴史博物館 企画展示室A
主催:大津市、大津市教育委員会、大津市歴史博物館
特別協力:義仲寺
後援:朝日新聞大津総局、e-radio、NHK大津放送局、京都新聞、共同通信社大津支局、KBS京都、産経新聞社、時事通信社大津支局、(株)ZTV滋賀放送局、中日新聞社、日本経済新聞社大津支局、BBCびわ湖放送、毎日新聞大津支局、読売新聞大津支局
主催:〒520-0037滋賀県大津市御陵町2-2
TEL:077-521-2100
URL:大津市歴史博物館
  松尾芭蕉の研究・顕彰に生涯をかけた五升庵蝶夢(ちょうむ・1732~96)が、芭蕉の百回忌に向け、11年の歳月をかけて制作したのが、「芭蕉翁絵詞伝(ばしょうおうえことばでん)」です。初の本格的な松尾芭蕉伝である芭蕉翁絵詞伝は、義仲寺(ぎちゅうじ)の寺宝として長く門外不出の扱いを受けており、前回の公開は芭蕉没後300周年の1994年が最後です。本展は、本館の開館30周年を記念し、芭蕉翁絵詞伝をすべて公開するものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る