「79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

「79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

名称:「79億の他人――この星に住む、すべての「わたし」へ」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
会期:2021年9月18日(土)~11月21日(日)
会場:第1会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16[旧野間邸])
第2会場:まちや倶楽部(滋賀県近江八幡市仲屋町中21)
開館時間:11:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料:共通券500円(450円)、一館チケット300円(250円)
  ※中学生以下無料
  ※障害のある人と付添者1名無料
  ※( )内は20名以上の団体料金
※11月13日(土)14日(日)は関西文化の日のため無料開館
料金:入館時の観覧料でご覧いただけます。
   観覧料は一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料です。
   ※障害者手帳等をお持ちの方及び介助者1名無料
住所:〒523-0849滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL:0748-36-5018
URL:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 

our face  近江高校野球部員42人を重ねた肖像 2002年9月12日 滋賀県 彦根市 近江高等学校グランド
our face  近江高校野球部員42人を重ねた肖像 2002年9月12日 滋賀県 彦根市 近江高等学校グランド

2021年現在、およそ79億の他人が、地球の上で共存しています。めいめいの身体、人種、性、思考、社会的立場――79億通りの差異は、この星の一人ひとりを、替えが効かない唯一の「わたし」たらしめています。それと同時に、その差異は「わたし」以外の人間を「他人」として分かつものでもあります。
自己と他者という越えがたい分断を前にしても、わたしたちは互いの差異を認め合ったうえで、関係を築こうとします。反対に、差異を認めず関わりを断つ、という態度が形になるとき、それは排除となるのでしょう。目が眩むほどの他者性を前にして、共生の道を模索することも、ある一方を迫害に追いやってしまうことも、わたしたちは、どちらのことにも接しています。
世界共通の目標であるSDGsにおいては、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指しています。その一方で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会構造変化の劇的な速さは、それについていけない誰かを見過ごし、新たな排除を生み出しかねないものでもあります。
いかに多様であるか、いかにコミュニケーションするか――いま、世界人口約79億人(わたしたち)は、こうした問いにさらされています。
本展「79億の他人」は、こうした問いに向き合うための企画展です。NO-MAとまちや倶楽部の2会場に展示する12組の出展者の表現は、いまの時代の「わたし」らしさや、他のすべての「わたし」を含むこの世界の79億人がともに生きることについて、大事な示唆を与えてくれるでしょう。

重症心身障害者通所施設えがお 鈴木彩華 無題 2020
重症心身障害者通所施設えがお 鈴木彩華 無題 2020

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る