「郷土の土人形展」中津川市苗木遠山史料館

「郷土の土人形展」中津川市苗木遠山史料館

名称:「郷土の土人形展」中津川市苗木遠山史料館
令和3年10月9日(土曜日)~11月7日(日曜日)
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場:中津川市苗木遠山史料館2階特別展示室
費用:通常の入館料でご覧いただけます
住所:〒508-0101岐阜県中津川市苗木2897-2
TEL:0573-66-8181
URL:中津川市苗木遠山史料館

土人形は、白色顔料を塗った素焼きに泥絵の具で彩色した人形です。江戸時代に、京都の伏見稲荷大社の参道でお土産として売られていたものが、全国に広がり、農家の副業としてさかんにつくられるようになりました。
土雛をはじめ、武者人形、加藤清正、福助、娘など、全国共通のモチーフがあります。かっては多くの家でかざられていました。
このたび、美濃土人形館様から苗木遠山資料館に寄贈された260点の土人形からセレクトし、中津川をはじめ、東美濃の市域ごとに展示します。
地域や一体ごとに異なる表情や服の彩色など、郷土に伝わる土人形の素朴な味わいをお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る