夢二生家記念館 企画展「夢二生家の冬」夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘

夢二生家記念館 企画展「夢二生家の冬」夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘

名称:夢二生家記念館 企画展「夢二生家の冬」夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
会期:2021年12月14日(火)〜2022年2月27日(日)
会場:夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
時間:9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
  (祝日・振替休日の場合は翌日)、12月27日(月)~2022年1月1日(土)
観覧料:大人 600円
  中高大学生 250円
  小学生 200円
住所:〒701-4214岡山県瀬戸内市邑久町本庄
TEL:(0869)22-0622
URL:夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘

竹久夢二《「婦人グラフ」第3巻第2号表紙》
竹久夢二《「婦人グラフ」第3巻第2号表紙》

企画展「夢二生家の冬」では夢二の少年時代の思い出の花である椿をあしらった着物が美しい《満願の日》、色鮮やかな着物に身を包み踊る舞妓の姿を描いた《舞扇》を特別展示し、1月2日からの「正月の催し」では地元の方による邑久(おく)伝統の正月飾りで新年のお祝いをいたします。また福笑いやコマ回しなど、昔ながらの正月遊びもご用意しております。
竹久夢二が生まれ16歳までを過ごした築約250年の茅葺屋根の「夢二生家記念館」では夢二のこども時代の部屋を公開し、また蔵を改装した展示室では夢二のふるさとをテーマに、季節に合わせて当館所蔵の夢二の肉筆作品をご覧いただけます。
夢二自ら設計したアトリエ兼住居を復元した「少年山荘」では人生、デザイン、音楽をテーマにセノオ楽譜をその楽曲を聴きながら鑑賞したり、「婦人グラフ」などデザイナーとしての夢二の作品や、夢二の人となりを写真や遺品を通してご覧いただけ、トートバッグ作りなどの体験コーナーもお楽しみいただけます。
夢二のふるさとで夢二芸術の原点をご体感いただき滞在をお楽しみください。岡山市中区の本館とともに周遊していただくのがおすすめです。

竹久夢二《書画「山河相聞」》
竹久夢二《書画「山河相聞」》
竹久夢二《舞扇》
竹久夢二《舞扇》
竹久夢二《満願の日》
竹久夢二《満願の日》

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る