館蔵品展「ゴー・トゥ・トラベル ―芸術家たちの旅―」高浜市やきものの里かわら美術館

館蔵品展「ゴー・トゥ・トラベル ―芸術家たちの旅―」高浜市やきものの里かわら美術館

名称:館蔵品展「ゴー・トゥ・トラベル ―芸術家たちの旅―」高浜市やきものの里かわら美術館
期間:2022年12月17日(土)~2月26日(日)
主催:高浜市やきものの里かわら美術館
後援:愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会
観覧時間:10:00から17:00まで(観覧券販売は16:30まで)
観覧料:高校生以上300円(240円)、中学生以下無料
   ※( )内は前売り、20名以上の団体料金、または高浜市内居住者
   ※ 前売券は当館で販売〈期間:11/17(木)~12/16(金)〉
休館日:月曜日、火曜日、12月26日(月)~1月4日(水)、1月11日(水)
   ※ただし、1月9日(月・祝)は開館
住所:〒444-1325愛知県高浜市青木町9-6-18
TEL:0566-52-3366
URL:高浜市やきものの里かわら美術館

川瀬巴水 「旅みやげ第三集 周防錦帯橋」 1924年
川瀬巴水 「旅みやげ第三集 周防錦帯橋」 1924年

大正・昭和期の風景を描いた川瀬巴水の木版画「旅みやげ第三集」シリーズを含む、特に地名と結びついた版画や絵画・写真の館蔵品で、「旅」をテーマとした展覧会を開催します。
本展では、アーティストが引き込まれた土地をより身体的に感じる方法として「在来線の旅」、「新幹線の旅」、「飛行機の旅」など、作品の題材となった土地にたどり着くまでの主な公共交通機関ごとで章立てし、距離をキーワードにたどります。
その土地を訪ねることは、それぞれの歴史や文化、他者の存在を知ることといえるでしょう。アーティストがとらえた風景や土地を通じて、私たちが置かれている現在地について考えます。アーティストたちのガイドによる各地への旅をお楽しみください。

加藤静児 「屋後(白山麓)」 1912年
加藤静児 「屋後(白山麓)」 1912年
斎藤吾朗 「高浜のおまんと祭」 1995年
斎藤吾朗 「高浜のおまんと祭」 1995年
川瀬巴水「旅みやげ第三集 木曾川蓬莱岩」1928年
川瀬巴水「旅みやげ第三集 木曾川蓬莱岩」1928年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る