開館20周年記念特別企画展「チェ・ジョンファ展「生生活活」~あらゆるものは、輝くだろう~」鹿児島県霧島アートの森

開館20周年記念特別企画展「チェ・ジョンファ展「生生活活(せいせいかつかつ)」~あらゆるものは、輝くだろう~」鹿児島県霧島アートの森

名称:開館20周年記念特別企画展「チェ・ジョンファ展「生生活活(せいせいかつかつ)」~あらゆるものは、輝くだろう~」鹿児島県霧島アートの森
会期:2022年10月14日(金)〜2022年12月11日(日)
公開制作:9月24日(土)~10月5日(水)10日間
   9月26日(月)、10月3日(月)は休み
会場:鹿児島県霧島アートの森
時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日 月曜日が祝日の場合は翌日
観覧料:一般 800円(600円)
   高大生 600円(400円)
   小中生 400円(300円)
   ※( )内は前売り又は20人以上の団体料金
   ※公開制作は、入園料のみで観覧可
住所:〒899-6201鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
TEL:0995-74-5945
URL:鹿児島県霧島アートの森

《Infinity(Iron)》2019
《Infinity(Iron)》2019

強烈な色使いやダイナミックな造形によって国内でも広く知られている韓国を代表する現代アーティスト チェ・ジョンファの個展を開催します。
本展は、2020年夏に開館20周年の展覧会として企画しましたが、新型コロナウイルス感染症拡大により2度の延期を余儀なくされました。そのような状況にあって、チェは韓国や鹿児島で収集した日常の事物から着想を得て非日常的な作品へと昇華させた新作に加え、「人類世」や「相利共生」の視点に着目したインスタレーションなどを展示します。ここでしか見ることのできないチェ独自の輝くような美しさを味わうものとなるでしょう。
◆ 作家紹介 チェ・ジョンファ
(崔正化 Choi Jeong Hwa)
1961年生まれ。弘益大学校絵画科卒業。
2005年ヴェネツィア・ビエンナーレ韓国館代表作家。2018年平昌パラリンピックでは開・閉会式のアートディレクターを務めた。日本での主な展覧会に「横浜トリエンナーレ」(2001/神奈川)、「チェ・ジョンファ OK!展」(2009 十和田市現代美術館/青森)、「六本木アートナイト」(2010 2016 2019/東京)、「瀬戸内国際芸術祭」(2013/香川)、「福岡アジア美術トリエンナーレ」(2014/福岡)、「チェ・ジョンファ Blooming Matrix 花ひらく森展」(2019-2020 GYRE GALLERY/東京)など。2002年に本館のレジデンス事業でワークショップを実施。本館コレクション作家。

《Blooming Matrix》2018
《Blooming Matrix》2018
《Blooming Matrix》2018
《Blooming Matrix》2018
《Fruits tour》2020
《Fruits tour》2020
《Fruits tour》2020
《Fruits tour》2020
《Fruits tour》2020
《Fruits tour》2020
《Your Bright Future》2020
《Your Bright Future》2020
《あなたこそアート》2000(霧島アートの森蔵)撮影:東花行
《あなたこそアート》2000(霧島アートの森蔵)撮影:東花行
©Tae Kyun Wang
©Tae Kyun Wang

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る