「北海道陶芸の変遷vol.2―現代陶芸の今―」札幌芸術の森美術館

「北海道陶芸の変遷vol.2―現代陶芸の今―」札幌芸術の森美術館

名称:「北海道陶芸の変遷vol.2―現代陶芸の今―」札幌芸術の森美術館
会期:2022年10月22日(土)~11月6日(日)
時間:午前9時45分〜午後5時00分 *入館は閉館の30分前まで
会場:札幌芸術の森美術館
観覧料:一般600(480)円 大学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
休館日:会期中無休
主催:北海道陶芸協会、札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援:北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会
協賛:株式会社レブニーズ
協力:ギャラリー創、北海道芸術デザイン専門学校
助成:(公財)道銀文化財団、伊藤組100年記念基金
住所:〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75
TEL:011-591-0090・FAX:011-590-0102
URL:札幌芸術の森美術館

北海道陶芸協会が主催する「北海道陶芸展」が50周年、「北海道シニア陶芸展」が40周年と共に節目の回を迎えることとなりました。
本展覧会では、過去50年にわたり出展をしてきた両展会員・会友の作品と共にその足跡を辿ります。
合わせて国内外で活躍している全国の陶芸家の作品や、茶の空間を設えた「茶と陶」の関わりを展示し、
北海道における陶芸の変遷の一端に触れて頂ける内容となっております。

出品作品
●招待作家の展示
現代陶芸の第一線で活躍する陶芸家の作品が一堂に会します。
作品は購入も可能です。
<出品作家>
伊勢崎晃一朗 板橋廣美 市野雅彦 伊藤秀人 植葉香澄 内田鋼一 大塚茂吉 小川待子 奥村博美 隠崎隆一 加藤委 加藤真美 
川上力三 岸映子 鯉江明 鯉江良二 齋藤まゆ 清水六兵衛 高橋朋子 高橋奈己 滝口和男 武田浪 戸田浩二 中田雅巳 新里明士 
福本双紅 星野友幸 美崎光邦 見附正康 宮本雅夫 牟田陽日 森つくし 山田晶 吉川千香子 寄神宗美 和田的 五十地裕之 
上ノ大作 加地学 北川智浩 清水しおり 丹羽シゲユキ 板東光太郎 深田健介 前田育子 増原嘉央理 南正剛 下沢敏也
●北海道陶芸展・シニア陶芸展
会員・会友・歴代受賞者の作品を展示します。
器から花器、オブジェに至るまで様々な陶表現、約70点が揃います。
●北海道陶芸協会の歩み
創始者・下澤土泡氏の作品とともに協会の歴史をご紹介します。
●茶と陶 茶室のしつらえ(デザイン:建築家 宮崎正之)
その始まりから茶道と陶は深い関わりを持って共に高め合っています。
本展では、特に陶での表現にスポットを当てたしつらえをご覧いただきます。
●華道コラボレーション
華道家による陶と花の演出がご覧になれます。
<出品>
井浦千文(草月流) 金井恵秋(草月流) 藤野恵松(龍生派) 横井景(小原流)
奥祥華(池坊光明流清美会) 辻晶苔(池坊清月派) 堀田桃櫻(草月流)
(すべて札幌芸術の森美術館蔵)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る