牧野富太郎生誕160年記念特別展「牧野富太郎の植物研究―高知県立牧野植物園の資料より―」牧野記念庭園記念館

牧野富太郎生誕160年記念特別展「牧野富太郎の植物研究―高知県立牧野植物園の資料より―」牧野記念庭園記念館

名称:牧野富太郎生誕160年記念特別展「牧野富太郎の植物研究―高知県立牧野植物園の資料より―」牧野記念庭園記念館
会期:令和4年(2022年)10月15日(土)~12月18日(日)
特別展示:午前9時30分~午後4時30分
会場:練馬区立牧野記念庭園 記念館企画展示室
協力:高知県立牧野植物園
開園時間:午前9時~午後5時
休園日:毎週火曜日
住所:〒178-0063東京都練馬区東大泉6-34-4
TEL:03-6904-6403
URL:牧野記念庭園記念館

令和4年(2022年)は牧野富太郎生誕160年にあたる節目の年です。当館においては牧野博士の生誕を記念して、今年4月から1年の間に4回の記念特別展を開催する予定で、本展は第3弾になります。本展では、高知県立牧野植物園のご厚意により、同園の牧野文庫に収蔵される貴重な資料である、博士の描いた植物図や長年収集された書籍などを借用して展示いたします。
博士は幼いころから植物に親しみ、一生を植物研究に捧げました。具体的には、日本各地での植物の採集と押し葉標本の製作、植物の特徴を伝える緻密な植物図の制作と文章の執筆、あるいは植物分類学の研究に必要な書籍の渉猟などに励んだ人生でした。そして、分類学上の成果を『植物学雑誌』や『植物研究雑誌』などの専門雑誌に公表し、また、日本の植物誌をつくろうと取り組んだ『日本植物志図篇』などの図説集を出版しました。さらに、晩年には長年の研究が『牧野日本植物図鑑』(北隆館 1940年)に結晶し博士の代表作となりました。
こうした植物学における博士の功績を振り返るために、博士の努力の跡である牧野文庫の資料を本展で展示いたします。これらの資料は、博士の没後、牧野家により郷里の高知県に寄贈され牧野文庫となり、同文庫が大切に守りかつ広く利用に供してきたものです。本展の開催が牧野富太郎という植物分類学者に親しむ機会になれば幸いに存じます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る