「石と鱗のほとり 展 上田勇児、鈴木由衣」アルマスギャラリー

「石と鱗のほとり 展 上田勇児、鈴木由衣」アルマスギャラリー

名称:「石と鱗のほとり 展 上田勇児、鈴木由衣」アルマスギャラリー
会期:2022年11月26日〜2023年1月21日
開館時間:12:00-19:00
休館日:月曜日〜木曜日/2022年12月25日〜2023年1月12日
会場:アルマスギャラリー
入場料:無料
住所:〒 135-0024 江東区清澄2-4-7
TEL :03-3642-5660
URL:アルマスギャラリー

アルマスギャラリーでは11月26日から2023年1月21日まで、
上田勇児・鈴木由衣の二人展を開催いたします。
二人は信楽で家族として共に暮らしながら製作をしています。
上田勇児は焼き物とお茶の栽培が盛んな信楽で育ち、神山易久氏に師事した後に
自身の穴窯を築窯し、自身で採集した材料で日々作陶の可能性を追求しています。
割れや剥がれも取り込んで、有機的でありながら非常に洗練された作品を
生み出しています。
鈴木由衣は愛知県立芸術大学で修士課程を修めたのち信楽県立陶芸の森で
陶による制作をスタートし、絵画と陶芸を行き来しつつ制作をしています。
鮮やかな色彩と様々な神話や伝承をモチーフとした登場人物たちによる
日々の営みを描いた濃密な絵画と、その世界から飛び出したような
陶芸作品を制作しています。
今回の展示では、二人のそれぞれの持ち味を活かしたコラボレーションも行われます。
ヒビの入った上田らしさのあるプレートに鈴木によるカラフルな絵付けがされたものなど、
これまでにない趣の作品も並びます。
ぜひお楽しみください。

上田勇児 Yuji Ueda_______________________________________
1975 滋賀県生まれ
2002 神山易久氏に師事
2005 信楽に穴窯を築く
【個展】
2022 「上田勇児 個展」草月会館(東京)
2020 「種を拾う」カイカイキキギャラリー(東京)
2018 「ひびき合う土の記憶」カイカイキキギャラー(東京)
2015 「上田勇児展 -平間磨理夫 添花-」サンドリーズ(東京)
2015 「GROWING FROM THE ROOTS展」トラサル(滋賀)
2014 「上田勇児陶展」t.gallery(東京)
2014 「Cosmic Erupcions/宇宙噴火 上田勇児展」プラグマタ(東京)
2013 「上田勇児陶展 信楽の土と火と時と」ギャラリー福果(東京)
2013 「上田勇児 みずたまりの土展」Oz Zingaro(東京)
2012 「上田勇児 すなば展」サンドリーズ(東京)
2009 「カフェわかや個展」カフェわかや(三重)
2008 「ギャラリー唐橋個展」ギャラリー唐橋(滋賀)
【グループ展】
2021 「Healing」ペロタン(香港)
2021 「芸美革新」ぺロタン(パリ)
2020 「Healing」ペロタン(ソウル)
2020 「Healing」ペロタン(パリ)
2017 「陶芸・彫刻を考えるきっかけ:信楽に撒かれた種」カイカイキキギャラリー(東京)
2016 「浜名一憲、上田勇児、大谷工作室」ブラム&ポー(東京)
2016 「トンチンカンテン 大谷工作室×浜名一憲×上田勇児」六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京)
2015 「浜名一憲、上田勇児、大谷工作室」ブラム&ポー(東京)
2013 「残欠展」うつわノート(東京)
2013 「乙!(Oz!) STYLE!」Oz Zingaro(東京)
2012 「アラウンドザ『壺中天』」HidariZgao(東京)
2009 「ギャラリー唐橋二人展」ギャラリー唐橋(滋賀)

鈴木由衣 Yui Suzuki_______________________________________
1985  愛知県生まれ
2011  愛知県立芸術大学 博士課程 前期 油画・版画領域 研修科 修了
2011~
2013  滋賀県立陶芸の森スタジオアーティスト
【個展】
2021 「くるりんクレマチス」(水犀 / 東京)
2020 「◯△◻☆」(HARMAS GALLERY / 東京)
2017 「山へいこう」(STANDING PINE / 愛知)
2016 「鈴木由衣展」(t.gallery / 東京)
2015 「庭常」(松坂屋美術画廊 / 愛知)
2013 「焼絵画」(Sundries / 東京)
    「まだ、窯の中」(STANDING PINE / 愛知)
2012 「ゴーザ壺」(STANDING PINE / 愛知)
2011 「異類婚姻譚」(YEBISU ART LABO / 愛知)
2010 「6 SOLO EXHIBITIONS , XY2」(市民ギャラリー矢田 / 愛知)
2009 「XY] (ギャラリー早蕨 / 愛知)
【主な企画展・グループ展】
2020 「絵の回路」(愛知芸術文化センター アートスペースX / 愛知)
2015 「豊穣なるもの 現代美術 in 豊川」(豊川市桜ヶ丘ミュージアム / 愛知)
2014 「FLOW-水は何をつなぎ、何処へいくのか-」(京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA / 京都)
2013 「特別企画展 新時代の「やきもの」への挑戦!あれもやきもの これもやきも の」
    (滋賀県立陶芸の森 陶芸館 / 滋賀)
2012 「アラウンドザ 壺中天」(Hidari Zingaro / 東京)
2011 「密度」(アートラボあいち / 愛知)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る