「炭鉱と、港と〜釧路臨港鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線の軌跡〜」釧路市立博物館

「炭鉱と、港と〜釧路臨港鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線の軌跡〜」釧路市立博物館

名称:「炭鉱と、港と〜釧路臨港鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線の軌跡〜」釧路市立博物館
会期:2023年1月28日〜2023年4月23日
開館時間:午前9時30分から午後5時 まで
休館日:毎週月曜日・祝日(2月11日(土曜日)・23日(木曜日)・3月21日(火曜日))
会場:釧路市立博物館
入場料:一般・大学生 480円
   高校生 250円
   小・中学生 110円
   ※釧路市内在住または「くしろステイメンバーズカード」をお持ちの65歳以上の方は入館無料です。
   ※夏休み・冬休み・春休み期間中、釧路市内の小中学生は入館無料です。
   ※以下の手帳をお持ちの方は入館無料です。窓口で手帳をご提示ください。身体障害者手帳 療育手帳 精神障害者保健福祉手帳(付き添いの方1名も入館無料です)
住所:〒085-0822北海道釧路市春湖台1-7
TEL:0154-41-5809
URL:釧路市立博物館

「炭鉱と、港と〜釧路臨港鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線の軌跡〜」釧路市立博物館
「炭鉱と、港と〜釧路臨港鉄道・太平洋石炭販売輸送臨港線の軌跡〜」釧路市立博物館

廃止までの95年間、炭鉱と港の輸送を支え、「臨鉄」「石炭列車」と親しまれた鉄路。その歴史と果たしてきた役割を振り返ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る