「うずまきアパートメント」恵文社 一乗寺店

「うずまきアパートメント」恵文社 一乗寺店

名称:「うずまきアパートメント」恵文社 一乗寺店
会期:2023年02月21日(火) 〜 2023年03月06日(月)
会場:恵文社 一乗寺店 ギャラリーアンフェール
時間:11:00~19:00(最終日は16:00まで)
休館日:会期中無休
料金:無料
住所:〒606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町10
TEL:075-711-5919
URL:恵文社 一乗寺店

広告イラストレーションなどを中心に活動する池上典衣の新作絵画による個展です。自身が創作した物語10編と、その登場人物を描いた絵画作品を発表します。
いきものをモチーフに絵を描いてきた池上による、初めての創作物語。集合住宅の住人たちを描く10編の短編は、全く別の世界のようであり、つながりあっているようにも感じられます。描かれる登場人物たちのまわりには「ここではないどこか」異世界の空気が流れているようです。
絵画作品は版画技法の一種「メディウム剥がし刷り」で制作され、印象的な立体感を持った線で表現されました。昨今、デジタルでの描画が日常になりつつありますが、手作業にはやり直しのきかない一瞬一瞬の緊張感があります。圧倒的なモノとしての存在感もお楽しみください。
池上典衣
1983年生まれ、兵庫県在住。イラストレーター。京都市立芸術大学大学院修了。嵯峨美術大学講師。
物語といきものをテーマに絵画作品を制作、展覧会等で発表している。イラストレーターとしてポスター、装画、ロゴなどを手掛けるほか、幼児教育にも携わり、絵画や古紙のパッチワーク等のこども向けワークショップを不定期に開催。
■ 池上典衣 作家Webサイト:https://norieikegami.myportfolio.com/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る