総合地球環境学研究所共催展(第89回企画展)「湖都大津の災害史」大津市歴史博物館

総合地球環境学研究所共催展(第89回企画展)「湖都大津の災害史」大津市歴史博物館

名称:総合地球環境学研究所共催展(第89回企画展)「湖都大津の災害史」大津市歴史博物館
会期:2023年3月4日(土)〜4月16日(日)
開館時間:午前9時~午後5時
料金:一般:800円(640円)、高校生・大学生:400円(320円)、小学生・中学生:200円(160円)
   ※()内は、15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、大津市内在住の障がい者の方、
   大津市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(証明できるものをご提示ください)。
休館日:月曜日、3月22日(水)
会場:大津市歴史博物館
住所:〒520-0037滋賀県大津市御陵町2-2
TEL:077-521-2100
URL:大津市歴史博物館

総合地球環境学研究所共催展(第89回企画展)「湖都大津の災害史」大津市歴史博物館
総合地球環境学研究所共催展(第89回企画展)「湖都大津の災害史」大津市歴史博物館

 南北に長い市域をもつ大津市は、緑の山々と琵琶湖の恵みをうけるだけでなく、ときに地震・台風・土砂災害など自然災害による甚大な被害をうけました。
 本展では、市域を含めた湖西地域の災害史について、古文書や古地図を中心にその痕跡をたどります。また、近年注目されている生態系減災(Eco-DRR)の視点から、地域や人々による防災・減災の歴史について紹介します。

北小松・南小松・北比良村絵図 北比良財産管理会蔵
北小松・南小松・北比良村絵図 北比良財産管理会蔵
明治29年水害時の西川口町(現 大津市浜大津周辺) 大津市歴史博物館蔵
明治29年水害時の西川口町(現 大津市浜大津周辺) 大津市歴史博物館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る