収蔵品展「煎茶にしませんちゃ?」板橋区立郷土資料館

収蔵品展「煎茶にしませんちゃ?」板橋区立郷土資料館

名称:収蔵品展「煎茶にしませんちゃ?」板橋区立郷土資料館
会期:2023年4月22日(土)〜7月9日(日)
開館時間:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分)
料金:無料
休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日が休館)
会場:板橋区立郷土資料館
住所:〒175-0092東京都板橋区赤塚5-35-25
TEL:03-5998-0081
URL:板橋区立郷土資料館

煎茶道具の絵ぢゃ
【売茶翁茶器図】
煎茶道具の絵ぢゃ 【売茶翁茶器図】

 煎茶とは、現在日本でよく飲まれるお茶です。茶葉を蒸し・揉みながら乾燥させたものを急須などに入れ、お湯を入れて成分を抽出します。そして、煎茶道とは、この煎茶を飲む作法となります。江戸時代から板橋宿平尾で名主を務めた脇本陣・豊田家では煎茶と関わりがあります。
 中山道板橋宿平尾の脇本陣豊田家は、代々平尾の名主兼板橋宿の問屋を務めた家です。この豊田家より伝わった資料群は、平成9年(1997)3月に「脇本陣豊田家資料一括」として、区の有形文化財に登録されています。
 豊田家の資料の中でも、とりわけ異彩を放つ資料として幕末から明治時代に豊田喜平治が収集した煎茶道具類が挙げられます。豊田喜平治は、煎茶道に造詣が深く、鐵蕉の号を使い「鐵蕉茶寮」(てっしょうさりょう)と呼ばれる茶室を設け、煎茶趣味を通した文化サロンを形成していたとされます。
 今回の展示では、豊田家から伝わった煎茶道具を中心に当館が収蔵する茶道具・茶書、書画を通して、豊田家と煎茶について紹介します。一服するときは、煎茶にしませんちゃ?

水をつぎ足す時に使う道具ぢゃ
【万古焼花弁図水注】
水をつぎ足す時に使う道具ぢゃ 【万古焼花弁図水注】
お湯を温める時に使う道具と急須ぢゃ
【白泥孟臣涼炉・湯瓶】
お湯を温める時に使う道具と急須ぢゃ 【白泥孟臣涼炉・湯瓶】
茶葉を移すときに使う道具ぢゃ
【竹製芭蕉図茶則】
茶葉を移すときに使う道具ぢゃ 【竹製芭蕉図茶則】
煎茶を飲む時に使うお椀ぢゃ
【唐物染付寿文煎茶椀】
煎茶を飲む時に使うお椀ぢゃ 【唐物染付寿文煎茶椀】
煎茶が趣味だった文人画家・椿椿山の日記ぢゃ
【椿椿山日記】
煎茶が趣味だった文人画家・椿椿山の日記ぢゃ 【椿椿山日記】
煎茶道を通して豊田家に伝わったとされる額ぢゃ
【高島秋帆書 鐵蕉茶寮 扁額】
煎茶道を通して豊田家に伝わったとされる額ぢゃ 【高島秋帆書 鐵蕉茶寮 扁額】
豊田喜平治が収集した煎茶道具ぢゃ
【豊田家煎茶道具類】
豊田喜平治が収集した煎茶道具ぢゃ 【豊田家煎茶道具類】
煎茶道が趣味だった板橋宿平尾の名主ぢゃ
【豊田喜平治肖像写真】
煎茶道が趣味だった板橋宿平尾の名主ぢゃ 【豊田喜平治肖像写真】
煎茶道具の絵ぢゃ
【売茶翁茶器図】
煎茶道具の絵ぢゃ 【売茶翁茶器図】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る