「井銅心平 陶展」日本橋高島屋S.C.(本館)

南蛮象嵌茶碗 H7.0×W12.7cm

名称:「井銅心平 陶展」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2023年5月24日(水)→29日(月)
会場:本館6階 美術工芸サロン
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310 本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

井銅氏は1981年熊本県に生まれました。
唐津の中里太亀氏に師事し、2009年には中里隆氏のアシスタントとしてアメリカに同行するなどして陶芸の研鑽を重ねてきました。
2010年には熊本に萩見窯を設立し、精力的に制作活動を続けております。
粉引や三島手など、九州に古くから伝わる技法を使い、陶芸のルーツを思い起こさせる作品を発表。
「陶器と暮らす。食を愉しむ。」をテーマに制作されるそのうつわは、さりげなく料理を引き立てるような雰囲気を醸し出し、多くの料理人からも好まれております。近年では南蛮の作品を発表するなど、一層作域を拡げる井銅氏。
今展では、壺や皿、茶碗、酒器をはじめ、日常生活に潤いを与えるうつわの数々を一堂に展観いたします。

南蛮象嵌茶碗 H7.0×W12.7cm
南蛮象嵌茶碗 H7.0×W12.7cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る