企画展「それでも咲いた」富弘美術館

企画展「それでも咲いた」富弘美術館

名称:企画展「それでも咲いた」富弘美術館
会期:令和5年8月29日(火)~11月26日(日)
住所:〒376-0302群馬県みどり市東町草木86
TEL:0277-95-6333
URL:富弘美術館

「よだれを垂らしながら、ありったけの力をぶつけて引く線のうしろに、らんの花がひとつずつ増えていくのは、絵というよりも、胸の中に開き始めた希望だった。怪我をしたことは、私にとって決してマイナスばかりではなかった。初めて描き上がった絵を見ながら思った。」『風の旅』で富弘さんはこのように語っています。草花をじっくり観察して描く富弘さん。富弘さんはその草花を通して、いのちの力強さや儚さ、尊さも見つめ、添えられた詩は私たちの背中をそっと押してくれます。
 日々の生活の中で、自分の力ではどうしようもできないものにぶつかったとき、言葉にならないさみしさに包まれそうになったとき、富弘さんの詩画は、私たちが奥底に持ついのちの輝きを教えてくれるようです。
企画展「それでも咲いた」では、花を通して生命に向き合う作品やエッセイを紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る