冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」狭山市立博物館

冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」狭山市立博物館

名称:冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」狭山市立博物館
会期:2024年1月13日(土)〜2月25日(日)
会場:狭山市立博物館
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
料金:一般:150円
   一般(団体):100円
   高大生:100円
   高大生(団体):60円
   中学生以下:無料
   ※20名以上団体料金
   ※各種障害者手帳提示で本人と付添1名まで無料
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)
住所:〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
TEL:04-2955-3804
URL:狭山市立博物館

冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」狭山市立博物館
冬期企画展「収蔵品展 はじめての日本美術」狭山市立博物館

狭山市立博物館には平成3年に開館して以来、様々な分野の美術品が寄贈・寄託されてきました。充実した収蔵品の中には美術的価値の高い作品も数多く含まれ、これまでにも美術品や文化財として色々な角度から展示されています。
今回は、14年ぶりの収蔵美術品展として、狭山市指定文化財を含む作品を一堂に展示します。また、日本美術を鑑賞するのがはじめての方も楽しんでいただけるよう、わかりやすくご案内します。
実際に作品を前にして、みなさんはどこを見て何を感じるでしょうか。はじめての日本美術、その魅力や特徴を探っていきましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「茶の湯の美学―利休・織部・遠州の茶道具―」三井記念美術館
ページ上部へ戻る