「リチャード・スペア 特集」伊勢丹新宿店

「フレンチ・リリー」 ドライポイント、手彩 30 × 26 cm

名称:「リチャード・スペア 特集」伊勢丹新宿店
会期:2024年2月28日(水) ~ 2024年3月14日(木) [最終日午後6時終了]
場所:本館6階 アート&フレーム
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL: 03-3352-1111
URL: 伊勢丹新宿店

版画の摺師の第一人者であり、自らの版画制作にも力を注ぐリチャード・スペア氏。
その作品は、ドライポイント・エッチングの卓越した技術を駆使した描線に手彩色を施した独自の技法で制作され、ベルベットのような滑らかな質感が出るのが特徴です。
手彩色で仕上げられ、1点1点に個性を感じられる作品の数々を、この機会にぜひお楽しみください。
リチャード・スペア Richard Spare
1951年、英国生まれ。
版画の摺り師として第一人者のスペアはこれまでデビッド・ホックニー、ジム・ダイン、ハワード・ホジキンなどの作品の制作を手がけてきた。
一方、卓越した技術を駆使して自らの版画制作にも力を注いでいる。
作品の殆んどはこれまで旅した場所や、日常の生活からイメージを得て創り出している。
アトリエに自身でデザインした庭を造り、この空間がスペアの作品の新たな出発点となった。
彼の作品はドライポイント、エッチングの技法を用いて作られベルベットのような質感を持つ。
鮮やかな色彩は以前に訪れたインドやネパールで目にした色を再現しすべて手彩色仕上げである。
スペアは真の版画家として原画を版画にするのではなく、直接銅板にイメージを刻んでいくのである。
1983年より現在に至るまで数々の展示会に出展し、中でも口イヤルアカデミーサマー展示会(英国)には、ほぼ毎年参加している。
現在、英国や米国で高い評価を得て次々と発表する作品は、短期間に殆ど完売となる人気である。

「フレンチ・リリー」

ドライポイント、手彩

30 × 26 cm
「フレンチ・リリー」 ドライポイント、手彩 30 × 26 cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る