企画展「本間家の茶道具」本間美術館

企画展「本間家の茶道具」本間美術館

名称:企画展「本間家の茶道具」本間美術館
会期:2024年5月31日(金)~2024年7月16日(火)
会場:本間美術館
時間:9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:会期中無休 
観覧料:一般 1,100円(990円)
   高・大学生 500円(450円)
   小・中学生 無料
   ※( )内は15名以上の団体入館料
   上記入館料で国指定名勝「本間氏別邸庭園(鶴舞園)」「清遠閣」も観覧できます
住所:〒998-0024山形県酒田市御成町7-7
TEL: 0234-24-4311
URL:本間美術館

《古瀬戸平茶碗》 室町時代(15世紀) 山形県指定文化財
《古瀬戸平茶碗》 室町時代(15世紀) 山形県指定文化財

酒田の豪商本間家に伝来した茶道具には、財政支援の御礼として庄内藩主酒井家から拝領・伝来したものをはじめ、本間家の菩提寺である浄福寺の住職 菊池秀言から受け継いだもの、酒田の迎賓館として利用された「清遠閣」(現在の本間美術館本館)で客人をもてなすために用いたものなどがあります。
その中には、各時代を象徴するような中国産の「唐物」、朝鮮半島産の「高麗物」、日本産の「和物」の名品がそろっており、本間美術館を代表するコレクションにもなっています。
本展は、本間家で大切に受け継がれてきた茶道具の名品を展観するものです。唯一無二の造形的な美しさと面白さ、茶人たちの美意識を感じていただければ幸いです。

《大井戸茶碗 銘 酒井》 朝鮮・朝鮮時代(16世紀) 重要美術品
《大井戸茶碗 銘 酒井》 朝鮮・朝鮮時代(16世紀) 重要美術品
《唐物大海茶入 銘 大内海》 中国・南宋時代(13世紀) 山形県指定文化財
《唐物大海茶入 銘 大内海》 中国・南宋時代(13世紀) 山形県指定文化財
《瀬戸金華山茶入 銘 老茄子》 桃山時代(16世紀)
《瀬戸金華山茶入 銘 老茄子》 桃山時代(16世紀)
小堀遠州《茶杓 銘 浮雲》 江戸時代前期(17世紀)
小堀遠州《茶杓 銘 浮雲》 江戸時代前期(17世紀)
千宗旦《竹一重切花入 銘 片雲》 江戸時代前期(17世紀)
千宗旦《竹一重切花入 銘 片雲》 江戸時代前期(17世紀)
辻与次郎《尻張釜 銘 初音》 桃山時代(16世紀)
辻与次郎《尻張釜 銘 初音》 桃山時代(16世紀)
沢庵宗彭《三猿狂歌》 寛永9年(1632) 酒田市指定文化財
沢庵宗彭《三猿狂歌》 寛永9年(1632) 酒田市指定文化財
長次郎《黒楽茶碗 銘 さび介》 桃山時代(16世紀) 酒田市指定文化財
長次郎《黒楽茶碗 銘 さび介》 桃山時代(16世紀) 酒田市指定文化財

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る