「やきものにうたう:ハンガリー現代陶芸展」岐阜県現代陶芸美術館

「やきものにうたう:ハンガリー現代陶芸展」岐阜県現代陶芸美術館

名称:「やきものにうたう:ハンガリー現代陶芸展」岐阜県現代陶芸美術館
会期:2023年4月22日(土)〜2023年7月2日(日)
会場:岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)
時間:10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 1,000円(900円)
   大学生 800円(700円)
   高校生以下 無料
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※以下の手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
   身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証
主催:岐阜県現代陶芸美術館、駐日ハンガリー大使館、リスト・ハンガリー文化センター 東京、ブダペスト国立工芸美術館 
共催:中日新聞社
後援:ハンガリー芸術アカデミー、岐阜県ハンガリー友好協会
協力:公益社団法人美濃陶芸協会
協賛:ルフトハンザ カーゴ AG 
企画協力:株式会社アートインプレッション
住所:〒507-0801岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
TEL:0572-28-3100
URL : 岐阜県現代陶芸美術館

ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Soltészné Haranghy Ágnes
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Soltészné Haranghy Ágnes

南北に流れる大河ドナウと大平原ー豊かな自然に育まれた中欧の国、ハンガリーでは、複雑な歴史をたどったその社会に呼応するようにして、独自の陶芸文化が形成されてきました。現在では、ヨーロッパ随一の陶芸に特化したレジデンス施設(ケチケメート国際陶芸スタジオ)を擁するなど、陶芸文化の活発な地域としても知られます。
本展は、ブダペスト国立工芸美術館による学術協力のもと、1960年代以降のハンガリー現代陶芸の流れを、その歴史的背景をふまえ紹介するものです。第二次世界大戦後の社会主義の時代、1989年の民主化を経て現代に至る、激しい社会の変化を経験するなかで、それぞれの方法で表現の道を模索した作家の作品が並びます。
巨匠から新進気鋭の作家まで、ハンガリーの陶芸家たちの多彩な「こえ」が聴こえる作品をご覧ください。

Kádasi Éva(カーダシ・エーヴァ)《Coffee Set with Grass Decoration》1997年
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Kádasi Éva(カーダシ・エーヴァ)《Coffee Set with Grass Decoration》1997年 ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Botos Balázs(ボトシュ・バラージュ)《Brooch and Ring from the Iceland Collection》 2020年
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Botos Balázs(ボトシュ・バラージュ)《Brooch and Ring from the Iceland Collection》 2020年 ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Geszler Mária(ゲスレル・マーリア)《Dust Coat》1985年
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Geszler Mária(ゲスレル・マーリア)《Dust Coat》1985年 ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Fekete László(フェケテ・ラースロー)《Goddess of Dubious Origin and Function》1996年
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Fekete László(フェケテ・ラースロー)《Goddess of Dubious Origin and Function》1996年 ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Fusz György(フス・ジェルジ)《Nodder II》1981年
ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Fusz György(フス・ジェルジ)《Nodder II》1981年 ブダペスト国立工芸美術館蔵、Photo: Friedrich Krisztina
Németh János(ネーメト・ヤーノシュ)《Pan》 1965年
Németh János(ネーメト・ヤーノシュ)《Pan》 1965年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る