2023展示Ⅲ「小林一三生誕150年 はっけん!小林一三と宝塚」逸翁美術館

2023展示Ⅲ「小林一三生誕150年 はっけん!小林一三と宝塚」逸翁美術館

名称:2023展示Ⅲ「小林一三生誕150年 はっけん!小林一三と宝塚」逸翁美術館
会期:2023年7月1日(土)~2023年9月3日(日)
会場:逸翁美術館
時間:10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 7月18日
   ※ただし7月17日は開館
観覧料:一般 700円
   大・高生 500円
   中・小生以下 無料
   シニア(65歳以上)500円
住所:〒563-0058大阪府池田市栄本町12-27
TEL:072-751-3865
URL:逸翁美術館

「はっけん!小林一三と宝塚」展ポスター
,小林一三生誕150年キービジュアル
「はっけん!小林一三と宝塚」展ポスター ,小林一三生誕150年キービジュアル

阪急東宝グループ創業者・小林一三(1873~1957年)の生誕150年を記念し、逸翁美術館ではその事績を振り返る展覧会を連続して開催します。
第二弾となる「はっけん!小林一三と宝塚」展では、小林一三が手がけた沿線開発のシンボル「宝塚」にスポットライトをあてます。1911(明治44)年開業の温泉施設を皮切りに、現在の宝塚大劇場周辺には映画館、遊園地、動物園、植物園、図書館、球場、プール、レストランなどが次々と開設されました。1960(昭和35)年にはこれらを総合して「宝塚ファミリーランド」と命名され、長きにわたり多くの人びとに親しまれました。いつの時代もその中核だった宝塚歌劇は来年110周年を迎えます。
本展では「文学青年小林一三」「宝塚歌劇の歴史」「レトロなファミリーランド」をテーマとして、1910〜1950年代の宝塚を振り返ります。当時のポスター、写真、映像、小林一三の自筆原稿や宝塚にゆかりのある遺愛品を公開、あわせて最新の文献調査でわかった新発見や再発見も紹介します。

宝塚少女歌劇公演ポスター(1938年)
宝塚少女歌劇公演ポスター(1938年)
逸翁筆扁額「藝又藝」(1951年)
逸翁筆扁額「藝又藝」(1951年)
「楽しい宝塚へ」ポスター(1950年)
「楽しい宝塚へ」ポスター(1950年)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る