「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」鶴岡アートフォーラム

「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」鶴岡アートフォーラム

名称:「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」鶴岡アートフォーラム
会期:2024年7月13日(土)〜2024年8月18日(日)
開館時間:9:00 〜 17:30
   金曜日・土曜日は18:30まで
休館日:7月16日、7月22日、7月29日、8月5日は休館
入場料:一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下 無料
会場:鶴岡アートフォーラム
住所:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町13-3
TEL:0235-29-0260
URL:鶴岡アートフォーラム

「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」鶴岡アートフォーラム
「魅惑の西洋近代絵画 モネ、ルノワールからピカソ、マティスまで」鶴岡アートフォーラム

茨城県笠間市にある笠間日動美術館の西洋絵画コレクションから、モネやルノワール、セザンヌ、ルドン、マティス、ピカソ、シャガールらによる96点の選りすぐった作品を紹介します。
19世紀から20世紀にかけて、フランスを中心とする美術界では、次々と新しい美術の潮流が生まれました。光によって変化する自然や都市の近代生活を鮮やかな色彩で描き出した印象派の画家たちは、後の美術界に多大な影響を与え、ポスト印象派やフォービスムの画家が登場します。
1920年代になるとパリにはさまざまな国から芸術家が集まり、様式や流派にとらわれず、個々の表現を追求してエコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれるようになりました。
本展では油彩やパステル、水彩、版画などの多彩な作品によって、印象派からエコール・ド・パリに至るまでのフランス近代絵画の魅力に迫ります。
アーティスト
クロード・モネ、マリー・ローランサン、ピエール・ボナール、アンリ・マティス、アルベール・マルケ、オディロン・ルドン 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「人魚姫・金魚姫」BOOKS & GALLERY cafe 点滴堂
  2. 「沼田月光 雨上がり」gallery UG Osaka Umeda
  3. 特集展示「さわって体験!本物のひみつ2024」九州国立博物館
ページ上部へ戻る